ワイモバイルがすごい学割を始めました。小学生・中学生・高校生でスマホを安く持ちたいと思っている親御さんは必見です!

たぬ吉たぬ吉

ワイモバイルの新しい学割タダ学割ってすごい名前がついてるけど、本当に無料になるの?


シム姉さんシム姉さん

タダ学割は最大4ヶ月本料金が無料になるキャンペーンです。ずっとではありませんが子供のスマホを安く契約できるチャンスです。

タダ学割とは

タダ学割はワイモバイルで2017年12月1日から2018年5月31日まで受け付けている学割キャンペーンです。

5歳から18歳以下のがYモバイルのスマホを使う場合、スマホを契約する時必ず選ぶことになる「スマホプランS/M/L」の基本料金が最大3ヶ月間無料になり、データ容量2倍オプション月額500円が無料になるキャンペーンです。

習い事の帰り、遠出した際に子供と連絡をするツールとしてスマホ持たせることが一般的になってきました。ですが、スマホをドコモ・au・ソフトバンクで契約すると1台最低でも5,000円以上かかってしまい負担が大きいです。

そんな中、格安SIM「ワイモバイル」で契約すると月額料金を3,000円以下に抑えることができ、さらにタダ学割を適用すれば最大3か月間基本料金が無料になります。

時期もちょうど12月から年明け1月から3月、~5月までですので、子供が中学校・高校に進学する機会にスマホを持たせたいけれどなるべく料金抑えたい、と考えている親御さんに朗報です。

基本料金(スマホプラン)無料

契約した月を1ヶ月目とし、最大3か月間スマホプラン(基本料金)が無料になります。10分を超えた通話代や故障安心パックなど、オプション代は別にかかります。また2017年12月に契約した方は特別に、3月31日まで最大4か月間基本料金が無料になります。

※最大3ヶ月というのは、契約開始月は残り日数にかかわらず1ヶ月目とカウントされるためです。

例えば

2018年1月3日に契約すると、2018年1月・2月・3月が無料になります。
2018年3月10日に契約すると、2018年3月・4月・5月が無料になります。
2017年12月20日に契約すると、2017年12月・2018年1月・2月・3月

が無料になります。

データ容量ずっと2倍

キャンペーン中に契約した場合、データ容量2倍オプション月額500円が次の機種変更までずっと無料になります。

これまでスマホプランを契約すると契約から24か月間はデータ容量2倍オプションが無料になるキャンペーンを行っていましたが、今回のタダ学割の「データ容量ずっと2倍」は2年にかかわらず機種変更するまでずっと無料で2倍にすることができます。

たぬ吉たぬ吉

つまり、合計ではいくらお得になるのかな?


シム姉さんシム姉さん

スマホプランSでは月額1,980円だから合計5,940円、スマホプランMでは月額2,980円だから合計8,940円、スマホプランLでは月額4,980円だから合計14,940円お得になる計算ね

キャンペーンの適用の条件

  • 法人の契約は対象外
  • 申込日にスマホ使用者が5歳以上18歳以下であること
  • 新規契約かMNPで乗り換えること
  • スマホプランS/M/Lのどれかを契約すること

まず個人の方は対象で法人の方は対象外です。またスマホを利用する方は5歳以上18歳以下である必要があります。

またワイモバイルを新規契約するか、他の格安SIM・docomo・auから乗り換える場合が対象になっています。

ワイモバイルで既に契約していて機種変更する方は対象外です。またソフトバンクからの乗り換えにも対応しています。

スマホプランS/M/Lを契約するというのはガラケープランやタブレットプランではなく「スマホ用の料金プランを契約してください」ということです。

学割の注意点

初めての方のみ
ワイモバイルで既に契約している方、機種変更する方は対象外です。新規契約か他社から乗り換えが対象です。

ソフトバンクからの乗り換えも可能
ワイモバイルではソフトバンクを別扱いにすることが多いですが、今回の学割はソフトバンクは乗り換えの方も対象になっています。

2年縛りがある
学割を適用しても2年縛りはあります。そのため2年以内に契約を解除した場合、それ以降2年ごとのタイミング以外で解約すると違約金9,500円がかかります。

必要な書類と申し込み方法

申し込み方法は二つあります。それは

  • 12歳以上の場合は本人名義で契約も可能
  • または親名義で契約し利用者登録をする

タダ学割が適用されるのはスマホの利用者が5歳以上18歳以下の場合です。

5歳から12歳以下の方は本人名義で契約できませんが、12歳以上の方は本人名義でも契約できます。

本人名義で契約する場合

本人名義で契約する場合

  • 本人確認書類
  • 親権者の同意書
  • 親子関係を証明できる書類

の3種類が必要になります。

本人確認書類は成人の方と同じですが、親権者の同意書はワイモバイルのサイトからダウンロードし、必要事項を記入して書類をアップロード、またはショップに持って行きます。

また同時にフィルタリングサービスへの加入に同意する必要があります。

また未成年の子供と契約する方の親子関係が証明できる書類、例えば戸籍謄本や住民票、保護者の本人確認書類などが必要になります。

またオンラインストアで予約した場合、確認のために保護者に電話で連絡が行きます。電話連絡がつながらない場合は申し込みがキャンセルになってしまいます。ですので本人が離れて暮らしていて自分で契約する場合など、親にあらかじめワイモバイルを契約するという旨を伝えておいた方がいいですね。

親名義で契約する

親名義で契約する場合も、本人名義で契約する場合と同じ書類が必要になります。

  • 本人確認書類
  • 親権者の同意書
  • 親子関係を証明できる書類

の3種類が必要になります。

また申し込む時に「ご利用者情報」欄にタダ学割の対象になる「子供の名前」「生年月日」などを入力するようにしてください。

たぬ吉たぬ吉

学割の申し込みはどうしたらいいの?


シム姉さんシム姉さん

オンラインで申し込む場合は年齢条件が自動的に判別され、自動的に適用になるので申し込む必要はありません。

ワイモバイルの2018年の学割「タダ学割」のまとめ

  • 2017年12月1日から2018年5月31日まで受付
  • 最大3か月間基本料金が無料
  • データ容量2倍オプションが無料になる
  • 対象者は5歳から18歳以下の未成年者でワイモバイルと契約したことがない方
  • オンラインの場合自動的に適用され申し込む必要はない