このページでは2017年11月28日に日本で発売される予定になっているHuawei Mate 10 Proのスペックや価格を調査、他のSIMフリースマホとのスペックの比較や値段は高いのか比較していきたいと思います。


出典:ITmedia

たぬ吉たぬ吉

いよいよ明日Huawei Mate 10 Proが日本で発売されるね。


シム姉さんシム姉さん

Huawei日本版公式twitterでは繰り返しHuawei Mate 10 Proのアナウンスがされているわね。現時点で分かっているスペック料金を見ていきたいと思います。

発売日は11月28日

Huawei日本版の公式ツイッターで11月6日、「11月28日に次世代スマホが日本上陸」と正式にアナウンス、11月28日にHuawei Mate 10 Proが日本で発売される可能性が濃厚になってきました。

11月6日以降ほぼ毎日Huawei Mate 10 Proについてのつぶやきが繰り返されていて、次第に全容が明らかになってきました。

Huawei Mate10はHuawei Mate 10、Mate 10 Pro、ポルシェデザインの3種類が発表されていますが、その中で日本で発売されそうなモデルはHuawei Mate 10 Proです。前バージョンMate9ではMate9だけが日本で発売されましたが、今回は防水機能などのアナウンスを見る限りHuawei Mate 10 Proが発売されるとみられます

Huawei Mate 10 Proの値段は?

Huawei Mate 10 Proの日本版での値段はまだ公表されていません。が、世界各地でRAM 6GB 、ROM 128GBの構成で799ユーロで販売されています。

799ユーロを円に換算すると133円ですので、10万6000円程度になるのですが、ユーロでの価格では20%程度の消費税を含んでいることが多いので、それを取り除くと日本版では88000円程度になると見込まれています。

スペックとメリット・デメリットを調査

次にHuawei Mate 10 Proのスペックを見ていきます。

スペックの表はこちらのページを参考にさせていただき一部を抜粋しています。
http://androidlover.net/mate10pro
https://garumax.com/mate-10-series-spec-review

Huawei Mate 10 Proスペック表(推定)

機能
OS Android 8.0
CPU Kirin 970 Octa-Core CPU
2.36GHz×4 + 1.8GHz×4の8コア
メモリRAM 4GB/6GB
ROM 64GB/128GB
バッテリー 4000mAh急速充電対応
画面 2160×1080有機EL 6インチ 18:9
カメラ カメラLeica デュアルカメラ
20MPモノクロ+ 12MP RGB
フロントカメラ:800万画素
ドコモ回線
au回線
ソフトバンク回線
SIMサイズ nanoSIM×2※デュアルSIMモデルのみ
DSDV 4G+4G
その他 加速度センサ・ジャイロセンサ・指紋認証・IP67防水防塵・GPS・近接センサ・コンパス・Bluetooth v4.2・
サイズ 15.4cm×7.5cm×0.8cm
重さ 約178g
カラー Midnight Blue、 Mocha Brown、 Pink Gold、Titanium Gray
価格 799ユーロ(日本版では8万8000円程度)

最新AI (人工知能)機能を搭載

Huawei Mate 10 Proの特徴は最新AI機能を搭載していることです。twitterでもHuaweiメイトのつぶやきで必ずハッシュタグで#RealAIという言葉が呟かれているのを見てもわかるとおり、人工知能の処理を駆使したプロセッサを搭載しているというのが特徴です。

これはNPUとHuaweiはよんでいます。AI機能を搭載していることでどんなことが可能になるのでしょうか。

機能はたくさんありますが、身近な例ではカメラで撮影するときシーンを検出するということです。

食べ物や風景・動物などを自動で識別し、それにあったモードで撮影します。それ以外にメモリを自動的に最適化する機能、ネットに繋げなくても文章を翻訳する機能などにもAI機能が使われています。

SoC(CPU)にKirin970を搭載

Huawei Mate 10 ProにはHiSiliconの2017年発表の最新CPU Kirin970を搭載しています。Kirin 970はHuawei Mate 9 、Huawei P10、honor9に搭載されているKirin960をベースにしたもので、改善されている点はCPUやGPUの性能が上がったにもかかわらず、消費電力が低下していることです。

メモリとストレージは6GB 128GB

Huawei Mate 10 Proはメモリーが4GB・ストレージが64GB、メモリーが6GBストレージが128GBの二つのモデルがあります。

メモリは多い方が良いと考えがちですが、普段使いをしている限りでは4GB以上搭載していてもほとんど違いは体感できません。またストレージに関しては64GBと128GBがありますが、SDカード(外部メモリー)に対応していないことを考えると64GBだと少し心細いですね。

動画や写真をたくさん撮ってしまうとすぐにいっぱいになってしまうのではないでしょうか。

ディスプレイは有機EL

ディスプレイサイズは6インチ、ディスプレイサイズは非常に大きいと感じられますが、18:9の縦長のディスプレイなので5インチモデルと比べてものすごく持ちにくいということはありません。

そしてディスプレイは有機ELが採用されています。有機ELは消費電力が液晶ディスプレイに比べて30%程度低いというメリットはありますが、直射日光の中では見づらいというデメリットがあります。外でスマホを使うことが多い場合はこの件は注意したいですね。

ライカデュアルレンズカメラ搭載

Mate 10 Proのメインカメラにはライカのデュアルレンズカメラが搭載されます。ライカカメラはHuawei P9、P10などに搭載されている高性能カメラです。

赤緑青の色の情報、モノクロの階層情報をそれぞれ記録してそれを合成して一枚の写真に仕上げることで、細部まで色鮮やかに表現できるカメラです。

そしてダブルレンズなので近いものと遠いものぼかしを再現できます。

4000mAhのバッテリーを搭載

Huawei Mate 10 Proは4000mAhのバッテリーを搭載しています。4000mAhはMate9のバッテリー容量と同じですが、バッテリーの持ちはMate 10 Proの方が良くなっています。それはCPUがKirin960から970にバージョンアップしバッテリーの持ち具合が20%向上しているからです。

さらに急速充電に対応していて1のバッテリーと比べて2倍の時間がかかってしまうということはありません。

IP6の防水防塵に対応

Huawei Mate 10 ProはIP67の防水防塵に対応しています。IP67は左の文字が防塵、右の文字が防水性を表しています。

IP6の防水性は塵が内部に侵入しない、そしてIPX7の防水性は水深1mの水に30分つけても水が内部に入ってこない、という8ランクある防水機能の上から2番目の性能です。

これならお風呂で音楽を聴いたり動画を見たりするのにも問題ありません

Huawei Mate10のデメリット

残念ながらHuawei Mate 10 Proにもデメリットはあります。人によってはとても使いづらいと感じることもありますので、注意が必要です。

  • 外部メモリに対応していない
  • イヤホンジャックがない
  • おサイフケータイ機能がない
  • ワンセグが見れない

外部メモリに対応していない

Huawei Mate 10 ProはSDカードなどの外部メモリーに対応していません。ストレージは64GBと128GBから選べますが、手軽にデータをバックアップしたり長い動画をたくさん撮りたいという方には使いづらい仕様ですね。

3.5インチイヤホンジャックが使えない

3.5インチイヤホンジャックがなくなってしまいました。そのためスピーカーではなくイヤホンで音楽や動画を楽しみたい場合は、USB変換ケーブルを使うかBluetoothイヤホンなどを使う必要があります。

さらにイヤホンでスマホを手を滑らした時に落下を防いでいるという方は、落として壊してしまうリスクが上がりますね。

おサイフケータイ機能はない

日本専用スマホではないのでおサイフケータイ機能はありません。NFC機能を搭載しているのでEdyやSuicaなどの電子マネーが使えると思われる方もいるかもしれませんが、Edy、nanaco、SuicaなどはFelicaを採用しているので残念ながら日本ではあまり使えません。

ワンセグは非対応

おサイフケータイと並んでワンセグも非対応です。おサイフケータイ、ワンセグなどが必要な場合は富士通のarrowsやシャープのAquosなどを選んだ方が良さそうです。

Mate 10 Proは高いのか?機能と価格のバランス

Huawei Mate 10 Proは高いのでしょうか。

日本版での価格は88000円程度と予測されているので、単純に価格から見るとハイスペック高価格な機種です。

10万円前後のスマホとしては

  • iPhone X 64GBが12万円
  • iPhone 8 Plus 64GBが96000円

6万~10万では

  • iPhone 8 64GBが85000円
  • Galaxy Note8 SC-01Kが76000円
  • iPhone 7 32GBが66000円
  • Huawei P10 Plusが64000円
  • honor9が58000円
  • Huawei Mate 9が57000円

3~5万であれば

  • Zenfone 3 ZE552KLが39300円
  • Huawei nova、arrows M04が31000円

またファーウェイの人気機種では

  • Huawei P9 Liteが23000円、
  • P10 Liteが27000円程度

で購入できます。

9万円近いスマホで、同じHuaweiでもP10 LiteやP9 Liteが3台~4台買える価格です。

機能に関してはたとえ高機能であっても、自分が使わない機能であれば宝の持ち腐れ、不要な出費です。例えばカメラをあまり使わないならライカ製のダブルレンズカメラは不要ですし、DSDVの2枚のSIMが4G LTEで同時待受できるデュアルSIM対応であっても2枚のSIMを使わない方には何の意味もありません。

それよりもイヤフォンが手軽に使えない、SDカードが使えないといったことが日常使いではネックになってしまうかもしれません。

やはり最強の機能が搭載されているかより、自分の使いたい機能があるか、値段に見合った使い方ができるのかが大切で、それによって高いのか安いのかは決まってくると思います

Huawei Mate 10 Proの機能と価格のまとめ

  • Huawei Mate 10 Proは2017年11月28日日本発売!
  • ハイスペック・高価格帯、約9万円弱のスマホ
  • AI機能「NPU」の搭載に着目