毎月のスマホ料金を安くしたい

毎月通信料金に8,000円も払いたくない

ドコモ・au・ソフトバンクなど大手の携帯電話会社では毎月7,000円から10,000円程度もの通信料金を払わないといけません。

本当はこの通信費をなるべく安くして、自分の好きなものを買ったり、食事を楽しんだり、貯金に回したりしたいですよね

ところがワイモバイルに乗り換えると、月額料金はぐっと下がり、契約プランによっては1,000円台から3,000円台に収めることもできるんです。

私もワイモバイルに乗り換えましたが、スマホ代が月額たった1,983円(税込み2,138円)になりました。もちろん電話かけ放題もこみで10分以内の通話がし放題です。

このサイトでは、ワイモバイルを徹底的に調べて、実際にMNPで乗り換えて、良かったことだけでなく、デメリットや大手携帯電話会社(ドコモ・au・ソフトバンク)と比べてできないこと・困ることなども包み隠さずお伝えしていきます。

ワイモバイルはどんな格安SIM?

シム姉さんシム姉さん

ワイモバイルはソフトバンクが運営している格安SIMサービスのことです


たぬ吉たぬ吉

格安SIMって?


シム姉さんシム姉さん

格安SIMは低価格でスマホを支える新しいサービス。ここ数年でたくさんの格安SIM会社が生まれて、乗り換える人が続出しています

ワイモバイルはソフトバンクが運営している格安SIMで非常に人気のあるサービス。月額料金を安くできるにもかかわらず、格安SIMの方では速度が速くて安定していて、サポートが充実している会社です。

Yモバイルの料金プラン

Yモバイルの料金プランは非常にシンプルです。通信料金のプランはスマホプランS・M・Lの3つだけ!それぞれ1年目は1,980円、2,980円、4,980円。この料金にはかけ放題が込みになっていて、10分以内の通話がし放題です。

料金は以下のようになっています。

ワイモバイルの料金

プラン 1年目 2年目
1GB2GB 1,980円 2,980円
3GB6GB 2,980円 3,980円
7GB14GB 4,980円 5,980円

※最初の2年間はデータ量が0円で2倍に、3年目以降は+500円で2倍に

2年目以降は1,000円上がっています。
容量はそれぞれ1GB・3GB・7GB、しかし契約してから2年間は容量2倍オプションというサービスが行われていて無料でそれぞれ2GB・6GB・14GB使うことができます。

3年目以降は容量2倍オプションは無料ではなく500円の有料サービスになります。

どのプランを選んだら良い

ワイモバイルは通信できるGB数でスマホプランS・M・Lの3コースが用意されています。自分が月々に使う容量に合わせてその中から選べば良いのでとてもシンプルですね。
ギガ数ごとにどのくらい通信ができるかについてはこちらに解説しています。

スマホプランS/M/Lとは?どれを選んだらいい?で解説しています。

キャリアに近い格安SIM

格安SIMサービスは料金を非常に安くすることができるのですが、速度が遅くなってしまったり、サポートが電話メールだけだったりなど、これまでのキャリアを契約している方にとっては少し心細いところもありました。

ですが、ワイモバイルは第四のキャリアとも呼ばれていて、料金を安くすることができるのですが、店頭でのサポートや電話のかけ放題速度が遅くなりにくいなどのキャリアに近いサービスを受けられます。

ワイモバイルはソフトバンクの回線を使って運営しているサービスなので、ソフトバンクの電波が入るところなら日本中どこでも使えます。大手キャリアが運営しているサービスなので安心感もありますよね。

SIMロック解除か端末の購入が必要

しかしワイモバイルはドコモ回線、au回線を使っているわけではないのでドコモのスマホを使っている方、auの方はSIMロックの解除や新しいスマホの購入が必要です。

出典:itmedia.co.jp

またソフトバンクの回線を使っていますが、ソフトバンクのSIMロックがかかっているスマホはワイモバイルでは使えないので、ソフトバンクを使っている方もシムロックの解除か、新しいスマホの購入が必要になります。

携帯電話会社で4番目に人気


出典:MMD研究所

実はワイモバイルはドコモとソフトバンク、auの次に人気のサービスで4番目にシェアが多い携帯電話サービスです。格安SIMの中ではダントツの人気!格安SIMの中では一番契約者数が多い携帯電話会社で格安SIMの40%を占めているんです!

出典:k-tai.watch.impress.co.jp

スマホ料金はいくら安くなる?

たぬ吉たぬ吉

ワイモバイルに乗り換えると月額料金はどのくらい安くなるんだろう?


シム姉さんシム姉さん

プランによりますが、およそ2,000円~7,000円程度安くなりますよ。

実際に3つのケースを考えてシミュレーションしてみましょう。

端末代を支払い済みの場合

ドコモやauソフトバンクなどでiPhone、Xperiaなどを購入して2年間の分割払いが終わっている場合のケースを見てみます。

大手キャリアの5GBプランからYモバイルの6GBプランに乗り換えると7,000円だった月額料金は2,980円に4,020円お得になります。ワイモバイルは2年目以降1,000円料金が上がってしまいますが、それでも月々3,020円お得です。

たぬ吉たぬ吉

一ヶ月で4,020円お得ってことは、1年目は48,000円安く、2年目は36,000円も安くなるって事だね!

シム姉さんシム姉さん

月額3,000円の違いでも、1年、2年と積み重ねるとちょっとした旅行ができてしまうぐらいの料金差になってしまうんですね。

iPhone6sを新品で購入する場合

ワイモバイルに乗り換える時、新しくiPhone6sを購入する場合についてみていきます。

iPhone6sを購入すると24回の分割払いで、3GBプランを契約した場合、月々の料金は4,280円、頭金は500円、2年目は5,280円、3年目以降は分割払いが0円になるので月額料金は3,980円に

一方ソフトバンクでは2GBプランを契約すると、毎月の費用はかけ放題+ネット接続+データパックで6,500円、それに端末分割払が450円加算になります。

大手携帯電話会社に止まっていると3年目以降端末分割払いがなくなっても月額料金があまり下がりませんが、ワイモバイルに乗り換えると、同じiPhone6sを購入するのでも、3,500円の差額が生まれることになります。

4年間で
ソフトバンクなら322,800円
ワイモバイルなら207,864円

差額は114,936円

たぬ吉たぬ吉

1年間に直すとその差はおよそ3万円になってしまうんだ!3年契約していれば、もう一台iPhoneが買えるぐらいだね。

ワイモバイルのメリット

シム姉さんシム姉さん

ワイモバイルは安いだけではなく、他にも色々なメリットがあります

Yモバイルに乗り換えると月々の要負担が軽くなるだけでなく、ワイモバイルにしかないメリットもありますので、詳しく見ていきましょう!

  • 通信速度が速い
  • サポートがキャリア並
  • 通話が安くて質が落ちない
  • 月額500円でギガ数が倍になるオプションも
  • クレジットカードがなくても申し込める
  • 未成年の子供でも契約できる
  • 故障しても安心な端末保証
  • Wi-FIスポットが使える

お昼時でも通信速度が速い

格安SIMは大手キャリアから回線を借りて、少ない回線を多くのユーザーで共有しています。そのためどうしてもみんなが一斉にスマホを使い出す時間は、通信速度が落ちてしまいます。

ですが、ワイモバイルはソフトバンクが運営している格安SIMなので、ソフトバンクの回線をそのまま使えます。ですので、他の格安SIMのように速度が落ちることがほとんどありません

よくお昼12時から13時頃や帰宅時間である18時から19時などは、非常に速度が落ちてしまいホームページなども閲覧できなくなってしまう格安SIMはあります。ですがワイモバイルではそんな心配がありません。

これが平日の実際の速度です。(Google速度計測サイト)

22時02分

18時44分
12時27分

お昼の12時30分ごろ、夜9時頃、帰宅時間18時45分頃なども20Mbps以上の速度が出ています。

たぬ吉たぬ吉

いくら安くなるといっても、自分が使いたい肝心なときに速度が落ちるのは嫌だよね。

1000を超える店舗とサポート

ワイモバイルは全国に1,000店舗以上の実店舗を持っています。キャリアではスマホでトラブルがあったりすると、ショップでサポートを受けることができましたが、格安SIMは店舗を持たないところが多くそんなサポートを受けられません。

ですが、ワイモバイルであればすぐに店舗に行って分からないことを聞いたりできます。

シム姉さんシム姉さん

スマホが故障したとき、すぐにショップに駆け込めますね

かけ放題込み&音質が落ちない

ワイモバイルは基本料金に10分間のかけ放題が込みになっています。そのためかけ放題サービスをつけなくても、10分間の通話は使い放題。大手携帯電話会社では5分間のかけ放題が1,700円であることを考えると非常にお得ですね!

また通常格安SIMのかけ放題サービスは格安SIM会社の独自の回線を通ることで、若干通話が途切れがちになったり、音声が遅くなって聞こえてくる、雑音が入ってしまったりなど品質が落ちてしまいます。

ですが、ワイモバイルのかけ放題サービスは携帯電話回線と全く同じ電話回線を使っているので通話品質が落ちません。

たぬ吉たぬ吉

ビジネスの電話のような仕事などで正式な電話が多いという場合でも安心だね!


シム姉さんシム姉さん

専用アプリは不要でいつもの電話アプリから、そのままかけられるのもメリットですね

月+500円で容量が2倍になる

ワイモバイルではスマホプランS・M・Lの3つのプランを、月額たった500円で「2倍の容量にできる」大盤振る舞いなサービスがあります。

しかもこの「データ2倍オプション」はワイモバイルに加入してから25ヶ月間は無料で使えるので、実質2年間無料でデータを2倍の量にすることができます。

たぬ吉たぬ吉

どのプランでも+500円で1GBプラン⇒2GB、3GBプラン⇒6GB、7GBプラン⇒14GBまで通信できるんだね。

口座振替に対応
格安SIMは本人名義のクレジットカードがないと契約できないところがほとんどですが、ワイモバイルは口座振替に対応しているので、クレジットカードはない方でも申し込めます。

未成年の子供でも契約できる
20歳以上で本人名義のクレジットカードがないと契約できない格安SIMがほとんどですが、ワイモバイルは親権者の同意があれば、未成年の子供でも契約することができます。そのため子供に持たせるスマホにも最適なんですね。

故障した時も安心!端末保証
ワイモバイルでは大手携帯電話会社と同じように、端末保証を有料で行っています。端末保証に入っていればもしスマホ端末を壊してしまったり紛失してしまった時に、すぐにショップに行って代替機を貸し出してもらい、低価格な料金で新しいスマホに買い換えることができます。

たぬ吉たぬ吉

代替機をすぐに貸してくれるなら安心だね。

Wi-fiスポットが無料で使える
ワイモバイルはソフトバンクの回線を使っているので、ソフトバンクのWi-fiスポットをそのまま無料で使うことができます。

スポットの数は携帯電話通信事業者が提供する中で一番の数、主要なJR駅、空港、カフェなど全国でWi-fiスポットを使うことができます。

Yモバイルのデメリット

残念ながらワイモバイルにもデメリットがあります。
人によっては今使っている携帯電話会社より不便になってしまったり、後悔してしまうこともあるのでしっかりチェックしていきましょう。

  • 2年縛りがある
  • 他の格安SIMより割高な料金プラン
  • SIMロックの解除か端末の買い替えが必要
  • データの繰り越しができない
  • キャリアメールは使えなくなる

2年縛りがある

ワイモバイルにはドコモやauソフトバンクなどと並んで2年縛りがあります。2年縛りというのは、2年以内や更新月以外に契約を解除したり、他社のサービスに乗り換えたりすると、9500円の違約金がかかることです。

他の格安SIMより割高な料金プラン

ワイモバイルは他の格安SIMサービスより割高です。理由はドコモなどと近いサービスをしていること(店舗をもつ、高速を維持するなど)、また電話料金がキャリアと同じように込みになっているためです。

料金を比較してみましょう。

格安SIM 3GBプラン料金
ワイモバイル(2年目) 2,980円
楽天モバイル 1,600円
マイネオ 1,510円
IIJmio 1,600円

例えば同じ3GBのプランで比較してみるとワイモバイルは2,980円(1年目は1,980円)、楽天モバイルは1,600円、IIJmioも1,600円、マイネオは1,550円です。

ただしワイモバイルは電話かけ放題サービスが付いているので、他の格安SIMと比較するにはかけ放題サービスをつけた料金で比較する必要があります

格安SIM 3GBプラン料金
ワイモバイル(2年目) 2,980円
楽天モバイル 2,450円
マイネオ 2,360円
IIJmio 2,200円

そうするとワイモバイルは2,980円、IIJmioは2,200円、楽天モバイルは2,450、マイネオは2,360円と差額は800円から500円程度になりました。

シム姉さんシム姉さん

通話料金を考えると他の格安SIMに比べて500円から1000円程度高いことになりますね。

2年目から料金が上がる

ワイモバイルの料金は1年目はワンキュッパ割という月額1,000円の割引が適用されています。しかし2年目以降ワンキュッパ割が無くなるので月額料金が1,000円高くなってしまいます。

はじめの一年間だけなのでちょっと残念ですね。

SIMロックの解除か端末の買い替えが必要

Yモバイルの回線はソフトバンクを使っているため、ドコモやauの端末を使っている方はSIMロックの解除やスマホの買い直しが必要です。またソフトバンクを使っている方も、ソフトバンクのSIMロックがかかっているとワイモバイルでは利用できないため、SIMロックの解除か端末の買い替えが必要です。

データの繰り越しができない
ワイモバイルでは余った容量を次の月に繰り越すことができません。使い残してしまったデータはその月のうちに消えてしまいます。

キャリアメールは使えなくなる
ワイモバイルではドコモやau、ソフトバンクで使っていたキャリアメールが使えなくなります。ワイモバイルではワイモバイルのメールアドレスをもらえますが、メールアドレスが変わってしまうので、メールやり取りしている方に新しいアドレスの通知をしないといけません。

乗り換えて困ることはない?

ワイモバイルに乗り換えてことで困ることはないのでしょうか。

電話番号はそのまま使えるの?

ワイモバイルでは現在使っている電話番号をそのまま使うことができます。そのためにはナンバーポータビリティ(番号移行・MNP)の予約をする必要があります。

auなどのマイページから予約したり、電話をして予約番号を取得するだけですので、とても簡単にできますよ。

電話代が高くならない?

ワイモバイルでは1回あたりの通話が10分以内の電話が、かけ放題になるサービスが付いてきます。ですので、10分以内の通話は無料になります。

ですが、10分間を超えてしまった場合30秒20円の電話料金がかかります。人によってはワイモバイルに乗り換えると逆に月額料金が高くなってしまう恐れがあります。

テザリングは利用できるの?
テザリングができるかどうかは、どのキャリアを使っているか、Android端末やiPhoneかによって違います。現在使っているスマホをそのまま持ち込んで使いたい場合は、公式サイトの動作確認済み端末のテザリングの欄をチェックしてください。

ワイモバイルで端末セット購入する方や、SIMフリースマホを購入する方は、テザリングが問題なく利用できます。

緊急地震速報・エリアメールは届くの?
緊急地震速報やエリアメールが届くかどうかは利用している端末によります。利用しているスマホが緊急地震速報に対応しているのであれば、ワイモバイルに乗り換えても問題なく使えます。

逆に海外製のSIMフリースマホなど、エリアメールに対応していないスマホを使うと受信することができません。

ワイモバイルで使える端末

今の端末をそのまま使う

iPhoneを使っている場合

ドコモ、au、Softbankなど大手携帯電話会社を使っているなら、SIMロックの解除が必要です。またiPhoneはSIMロックの解除に対応しているものと、対応していないものがあります。

iPhoneはiPhone6s以降のバージョンであればSIMロックの解除ができます。そのためiPhone6s以降のもの、またはSIMフリーバージョンのiPhoneを使っている場合はワイモバイルで使えます

Androidの場合

ドコモとSoftbankのAndroidスマホを使っている場合は、SIMロックを解除することで使うことができます。ですが、テザリングが利用できない場合がありますので、動作確認済み端末の一覧でチェックしてください。

auのAndroidスマホを使っている場合は、ワイモバイルでは使うことができないので端末セットを購入するか、別にSIMフリースマホを購入する必要があります。

ワイモバイルで取り扱っているスマホ端末の種類

iPhoneシリーズ

iPhoneではiPhone6sとiPhoneseを取り扱っています。

Android端末の場合

Android One X
Android One S1
アクオスクリスタル

SIMフリー端末では
Huawei P9 lite 、P10lite、nova 、P10
ASUS Zenfone3
富士通arrows M03
vaio Phone
など19種類の端末を取り扱っています。

現在のスマホ端末が使えない場合でも、ワイモバイルではiPhoneやAndroid端末がお得に購入できます。値段は端末にもよりますが、月額1,000円から3,000円程度のものが多いです。

実質ゼロ円の機種もあります。

またワイモバイルには「月額割引」というキャリアでいう端末購入サポートのようなものがあります。

またアウトレットやタイムセールで安く購入できることもあります。
また24回分割払にも対応しているので、月額負担少なくスマホを買い換えることも可能です。

実際にいくら支払うのかはワイモバイルのオンラインショップで端末ごとにシミュレーションできますので、チェックしてみてください!

ワイモバイルの口コミ・評判は

このサイトではクラウドソーシングサービスでワイモバイルを契約している方に、実際の乗り換えた経緯や感想をインタビューしました。

インタビューページ

使っている端末や、乗り換え後いくら安くなったかも表にしていますので、参考にしてみてくださいね。

ワイモバイルへの乗り換えMNP方法


出典:nttdocomo

たぬ吉たぬ吉

デメリットもちゃんと確認したよ。乗り換えたいけど、どうしたら良いんだろう?


シム姉さんシム姉さん

ワイモバイルへの乗り換えはとても簡単です!以下に手順を紹介しますね!

au、Softbank、ドコモ、他の格安SIMからY!mobileに乗り換えるのは、次の4つのステップでできます。

  • ①スマホ端末を用意する
  • ②MNP番号を予約する
  • ③ワイモバイルに申し込む
  • ④APN設定をする

詳しい方法はこちらのページで解説しています。

ワイモバイルサービスのまとめ

ここまででワイモバイルの料金プランやメリット、デメリット、乗り換え方法や使える端末などについてみてきました。

たぬ吉たぬ吉

格安SIMとか格安スマホって難しいていう印象があったけど、案外簡単に乗り換えられそうだね!

シム姉さんシム姉さん

MNP予約とかAPN設定とかSIMとか初めて聞く言葉で難しそうだけど実際にはそれほど難しくはないですよ

私も格安SIMに乗り換えることを初めて検討したとき、知らない単語がいっぱい出てきて正直自分にできるかどうかとても心配になりました。ですが、調べて行って実際にワイモバイルに乗り換えたらとても簡単にあっさりと乗り換えられてしまいました

スマホのアプリとかを使いこなせず、ネット検索や電話ぐらいの機能しか使っていない私でもこんなに簡単に乗り換えられたので、あなたも簡単に乗り換えられると思いますよ!^^

乗り換える時はちょっとだけ手続きが面倒ですが、その手続きさえしてしまえば月額3,000以上、年間に直すと36,000円から60,000円程度、スマホ代を節約できます。これは1年間だけでの料金ですから、2年3年と積み重ねていくとちょっとした旅行ができてしまうぐらいの差額になってしまうのです。

4年間で
ソフトバンクなら322,800円
ワイモバイルなら207,864円

差額は114,936円

乗り換えて速度が落ちる心配もありませんし、困ったことがあれば店舗に駆け込んで聞いたりすることもできます。10分間の通話もし放題なので、通話料金が高くなってしまう心配も不要です。

月々のスマホ料金を安くしたいけど、スマホに詳しくないから心配、格安SIMだとお店がないし通信速度や通話品質がちょっと不安。スマホに詳しくないという私みたいな方がいれば、ぜひ乗り換えに挑戦していただきたいなと思います!