ワイモバイルの1年目の料金、2年目の料金、そして3年目以降の料金はいくらになるのか、ドコモユーザー、auユーザー、ソフトバンクユーザーそれぞれ計算してみます。

たぬ吉たぬ吉

ワイモバイルは色々な割引があったり、ソフトバンクユーザーとドコモユーザーauユーザーと料金が違ったりして料金プランわかりにくい。1年目と2年目、3年目で料金が違って頭が混乱しちゃった。

シム姉さんシム姉さん

そうですね。色々な割引プランがあるのでまずは全部割引きになった結果を見ていきましょう。

ワイモバイルの1年目から3年目の料金を比較してみた

ワイモバイルはS・M・Lのプランがあります。それぞれ1GB・3GB・7GBです。以下では分かりやすい様に何GBで表現しています。この料金表はユーザーごとに割引サービスを適用した実際の料金を紹介しています。

まずドコモ、auから乗り換えるか新規で契約する方の場合です。

2年目以降のワイモバイルの料金(au・ドコモ・新規ユーザ)

プラン 1年目 2年目 3年目
1GB2GB 1,980円 2,980円 3,480円
3GB6GB 2,980円 3,980円 4,480円
7GB14GB 4,980円 5,980円 5,480円

※最初の2年間はデータ量が0円で2倍に、3年目以降は+500円で2倍に
※3年目はデータ2倍オプションをつけて+500円で計算しています。

1年では1GB=1980円、3GB=2,980円、7GB=4,980円
2年目は1GB=2,980円、3GB=3980円、7GB=5980円
3年目以降は1GB=3,480円、3GB=4,480円、7GB=5480円

なお1年目から2年目は無料で容量が2倍になり、3年目以降はプラス500円で容量が2倍になりますので、2倍にした料金で比較しています。

シム姉さんシム姉さん

つまりドコモ、auユーザーは1ヶ月6GBだと1年目が2980円、2年目に1000円上がって、3年目に500円上がって、それ以降はずっと同じ料金ですね。

ソフトバンクからMNPした方の料金

次にソフトバンクから乗り換えた方の1年目から3年目の料金を比較してみます。

まずは表をご覧ください

プラン 1年目 2年目 3年目
1GB2GB 2,980円 3,980円 3,480円
3GB6GB 3,980円 4,980円 4,480円
7GB14GB 5,980円 6,980円 6,480円

※最初の2年間はデータ量が0円で2倍に、3年目以降は+500円で2倍に
※3年目はデータ2倍オプションをつけて+500円で計算しています。

Softbankユーザーの場合はドコモ、auユーザー、新規の方の1000円割引が適用されないので1年目と2年目は1000円ずつ高くなります。ですが、3年目以降は長期利用者割引1000円引きが適用されるので、ドコモ、auユーザーと料金の差が縮まり500円アップとなります。

シム姉さんシム姉さん

例 Softbankユーザーの場合6GBプランを選択すると1年目3980円、2年目4980円、3年目4,480円となりますね。

Y!mobileの料金プランの詳細を確認

それではワイモバイルの複雑な料金プラン割引サービスの詳細を見ていきたいと思います。

ワイモバイルの元々の料金は
スマホプランS=1GBが3980円
スマホプランM=3GBが4980円
スマホプランL=7GBが6980円
です。

ドコモ・auからの乗り換え・新規契約の方

ですが、ドコモ、auから乗り換えた方、新規で加入した方はスマホプラン割引という割引が2年間、月額1000円引きになります。

また初めの1年間はワンキュッパ割という月額1000円引きのサービスが提供されるのでさらに1000円引きになります。

そこで1年目の料金が1GB、3GB、7GB(S・M・L)1980円、2980円、4980円になります。

2年目は1000円アップするので1GB、3GB、7GB(S・M・L)2980円、3980円、5,980円です。

3年目以降はどうなるでしょうか。3年目以降はスマホプラン割引が終了してしまいますが、長期利用者割引という月額1000円割引のサービスが始まるので2年目と実質料金の差はありません。

つまり
1年目は1GB、3GB、7GB(S・M・L)1980円、2,980円、4980円
2年目は1GB、3GB、7GB(S・M・L)2,980円、3980円、5980円
ということができます。

それでは最後に3年目以降についてみてみます。3年目以降はこれまで無料でついていたデータ2倍オプションが500円有料になります。そのため2年目の料金にプラス500円となります。そこで2480円、3480円、5480円となります。

シム姉さんシム姉さん

はじめの一年は2000円引き、2年目は1000円引き、3年目は500円引きというと分かりやすいですね。

Softbankユーザーの場合

Softbankユーザーの場合ドコモ、auユーザーに適用されるスマホプラン割引がありません。そのため1年目と2年目の料金が1000円ずつ高くなります。データ2倍オプションはソフトバンクユーザーも無料でつけてもらえます。

また1年目に月額料金が1000円割引になるワンキュッパ割はソフトバンクユーザーも適用されされます。そこで
1年目は1GB、3GB、7GB(S・M・L)2980円、3980円、5980円、
2年目は1GB、3GB、7GB(S・M・L)3980円、4980円、6980円、
3年目以降はドコモ、auユーザーと同じ様に長期利用者割引が適用されるので1000円引きになりなります。

そしてデータ2倍オプションが500円かかるので結果1GB、3GB、7GB(S・M・L)3480円、4480円、6480になります。

つまり1年目は1000円引き、2年目は割引なし、3年目は500円引きということができます。

たぬ吉たぬ吉

説明を受けてもなかなか複雑で分かりにくい料金体系だね。

シム姉さんシム姉さん

そうですね。この表はそれぞれの割引が適用された実際の料金なのでこの表を見てくださいね。

2年目以降のワイモバイルの料金(au・ドコモ・新規の方)、ソフトバンクの方※2018年5月31日まで

プラン 1年目 2年目 3年目
1GB2GB 1,980円 2,980円 3,480円
3GB6GB 2,980円 3,980円 4,480円
7GB14GB 4,980円 5,980円 5,480円

※最初の2年間はデータ量が0円で2倍に、3年目以降は+500円で2倍に
※3年目はデータ2倍オプションをつけて+500円で計算しています。

ソフトバンクからの乗り換えも安くなるキャンペーン実施中!


※2018年5月31日まで、誰でも1年目の料金はこの料金!

このページではドコモユーザーとauユーザー、新規の方とSoftbankユーザーの料金の違いを計算して1年目から3年目の料金を比較してきましたが、実は現在2017年9月ソフトバンクユーザーもドコモとのユーザーと同じ料金で加入できるキャンペーンを実施しています。このキャンペーンは2018年5月31日まで行なっているとのことです。

つまりソフトバンクから乗り換えの方で2018年5月31日まではドコモ、auユーザーと同じ料金で使えるというわけなんですね。

2018年5月31日までに乗り換えた方はドコモ、auから乗り換えの方の料金表を見てくださいね。