みんなドコモ割とワイモバイルの家族割はどちらが安くなる?

このページでは、ドコモの家族割引である「みんなドコモ割」とワイモバイルの「家族割引サービス」はどちらが安く契約できるか、ギガ数ごと、人数ごとに比較しています。

特に断りがない場合は税込み表示になっています。

スポンサーリンク

結論!いくら安くなるか

通信費の節約
やや複雑な面もあるため、最初にいくら安くなるのか、結論から紹介させていただきます。ドコモの最低料金プランとワイモバイルの最低料金プランを比較してみました。

ドコモ1GBプラン、Y!mobile 3GBの場合
人数 ドコモ 1GB Y!mobile 3GB 月々の差
1人 3,278円 2,178円 1,100円安い
2人 5,456円 3,168円 2,288円安い
3人 6,534円 4,158円 2,376円安い
4人 8,712円 5,148円 3,564円安い

ドコモとワイモバイルのプラン

このページでは、ドコモの「ギガライト2」プランと、ワイモバイルの「シンプル」プランを比較しています。

ドコモの「ギガライト2」

ギガライト

ギガライト2
ギガライト2 月額料金
ギガライト2(~1GB) 3,278円
ギガライト2(~3GB) 4,378円
ギガライト2(~5GB) 5,478円
ギガライト2(~7GB) 6,578円

※ギガライトには2019年10月以前に加入した場合の違約金が10,450円のギガライト1と、2019年10月以降に契約した場合の違約金が1,100円のギガライト2があります。このページではギガライト2で解説しています。

ギガライト2はドコモの小容量プランで使った分だけ支払う「段階制(従量制)」になっています。電話代は別で基本料金のみの価格です。かけ放題オプションに加入することができ、5分(月額770円)、回数時間無制限(月額1,780円)となっています。

2年契約の縛りがありますが、解除手数料(違約金)が10,450円ではなく、1,100円のプランです。家族割引があり、2人以上で500円引き、3人以上で1,000円引き。また光セット割は1GBまでは0円引き、3GBまでは500円引き、5GB以上は1,000円引きとなっています。

ワイモバイルの「シンプル」

シンプルプラン

ワイモバイルの料金プラン
月額1回線目
シンプルS(3GB)2,178円
シンプルM(15GB)3,278円
シンプルL(25GB)4,158円

シンプルプランはワイモバイルの新料金プランで3GBと15GBと25GBの3つのプランがあり、電話代は別で基本料金のみの価格です。

かけ放題オプションに加入することができ、だれとでも定額(10分間の通話が何回でもかけ放題で月額770円)、スーパーだれとでも定額(s)回数時間無制限の通話が月額1,870円に任意で申し込むことができます。

2年契約の縛りがなく解除手数料(違約金)もありません。家族割引があり、2人以上で1回線ずつ1,188円引きとなり、光セット割は1,188円引きとなっています。(光セット割と家族割は両方適用はできません)

家族割引の仕組み

みんなドコモ割

みんなドコモ割

出典:みんなドコモ割

ドコモの家族割引サービスである「みんなドコモ割」は複数人で契約すると適用されて、2人契約なら一人ずつ550円引き、3人以上契約すると一人ずつ1,100円引きとなるサービスです。以前はシェアパックを一つ契約して家族でパケットを共有していましたが、現在ではそのような仕組みはなくなり、一人ずつが好きなプランを契約して、そこに家族割を適用できるようになりました。

みんなドコモ割の仕組み

  • 1人 なし
  • 2人 2人がそれぞれ月々550円引き
  • 3人 3人がそれぞれ月々1,100円引き
  • 4人 4人がそれぞれ月々1,100円引き
ドコモの家族割引(1GBプランの場合)
人数 月額料金 計算式 家族の合計料金
2人 1人550円ずつ 550×2人引き 5,456円
3人 1人1,100円ずつ 1,100×3人引き 6,534円
4人以上 1人1,100円ずつ 1,100×4人引き 8,712円

ワイモバイルの家族割

ワイモバイルの家族割引サービス

ワイモバイルの家族割である「家族割引サービス」は複数回線契約すると適用されるもので、2回線契約なら2回線目から1,188円ずつ毎月割り引かれるようになる仕組みです。もともとワイモバイルにはシェアパックという概念がなく、一人ずつがおのおの好きなプランを契約して、そこに家族割を適用できるようになっています。

なお、ワイモバイルの家族割引は家族だけでなく、自分で何回線も契約した場合も適用されます。そのため「家族割」ではなく「複数回線割」といわれることがあります。

家族割引サービスの仕組み

  • 1人 割引なし
  • 2人 2人目が月々1,188円引き
  • 3人 2人目と3人目がそれぞれ月々1,188円引き
  • 4人 2人目~4人目がそれぞれ月々1,188円引き
  • 以降10人目まで割引が可能
Y!mobileの家族割引(3GBプランの場合)
人数 月額料金 計算式 家族の合計料金
2人 2人目以降1,188円ずつ 1,188×1人引き 3,168円
3人 2人目以降1,188円ずつ 1,188×2人引き 4,158円
4人以上 2人目以降1,188円ずつ 1,188×3人引き 5,148円

人数別の乗り換え

家族2人で

ドコモで2人契約する場合

  • 家族が1GBプラン×2人の場合、5,450円
  • 家族が3GBプランの場合×2人の場合、7,656円
  • 家族が5GBプランの場合×2人の場合、9,856円
  • 家族が7GBプランの場合×2人の場合、12,056円

↓↓↓

ワイモバイルで2人契約する場合

  • 家族が3GBプラン(S)の場合なら3GB×2人が、3,168円
  • 家族が15GBプラン(M)の場合でも15GB×2人が、5,368円
  • 家族が25GBプラン(L)の場合でも25GB×2人が、7,128円

家族3人で

ドコモで3人契約する場合

  • 家族が1GBプラン×3人の場合、6,534円
  • 家族が3GBプランの場合×3人の場合、9,834円
  • 家族が5GBプランの場合×3人の場合、13,134円
  • 家族が7GBプランの場合×3人の場合、16,434円

↓↓↓

ワイモバイルで3人契約する場合

  • 家族が3GBプラン(S)の場合なら3GB×3人が、4,158円
  • 家族が15GBプラン(M)の場合でも15GB×3人が、7,458円
  • 家族が25GBプラン(L)の場合でも25GB×3人が、10,098円

家族4人以上で

ドコモで4人契約する場合

  • 家族が1GBプラン×4人の場合、8,712円
  • 家族が3GBプランの場合×4人の場合、13,112円
  • 家族が5GBプランの場合×4人の場合、17,512円
  • 家族が7GBプランの場合×4人の場合、21,912円

↓↓↓

ワイモバイルで4人契約する場合

  • 家族が3GBプラン(S)の場合なら3GB×4人が、5,148円
  • 家族が15GBプラン(M)の場合でも15GB×4人が、8,448円
  • 家族が25GBプラン(L)の場合でも25GB×4人が、13,068円

2年縛りや乗り換え費用など

更新月・2年縛り・2年契約

違約金

ところで、ギガライトやギガホなどの違約金は取られるのでしょうか?

違約金の最新情報についてみていきましょう。

まず違約金は、定期契約(2年縛り)の途中で解約や乗り換えるをする際、契約時の約束と異なる、ということで課される手数料です。そのため定期契約(2年縛り)がない料金プランでは違約金は存在しません。ところがかつてはどの携帯電話でも2年や3年の定期契約が一般的だったため、それが問題になったわけですね。

そこで法律で2019年10月からの契約は違約金の1,100円が上限と決められました。そのため、どの会社のプランでも2019年10月1日以降の契約は違約金1,100円を払えば更新月以外でも乗り換えることができます。

それでは2019年10月1日以前に契約した方は、10,450円の違約金を払わなければならないのでしょうか?

残念ながらドコモでは払わなければなりません。違約金10,450円のプランに加入して2年未満の方は、プラン変更しても2年を経過するまでに解約、他社へ乗り換えする場合は10,450円を払う必要があります。

ドコモのギガライトには2019年10月以前に加入した場合の違約金が10,450円のギガライト1と、2019年10月以降に契約した場合の違約金が1,100円のギガライト2があります。ギガライト1などの方は違約金のない現行プランにプラン変更しても違約金の支払い義務はそのまま続きます。ギガホも同様です。ギガライト2の方は違約金1,100円で他社に乗り換えることが可能です。

その他の費用

以前は違約金以外にも、MNP転出料(番号をそのまま乗り換える)や契約事務手数料がかかっていました。

現在ではドコモ・au・ソフトバンク、ワイモバイルはMNP転出料3,300円を無料とし、契約事務手数料もオンラインでの申し込みなら0円と改正されました。

そのため、今では各種費用が無料で乗り換えることも可能になっています。

詳細は⇒違約金と2年縛りの最新情報と違約金を無料にする裏技を紹介!

(PR)ワイモバイルの詳しい紹介

ネットワーク エリア まず、結論からですが、大手携帯電話会社からの乗り換えにはワイモバイルがおすすめです。
ワイモバイルとは、ソフトバンクがサブブランドとして運営している格安スマホサービスのことで、ソフトバンクの低価格モデルと考えていただければ分かりやすいと思います。ソフトバンクもahamoと同じようにLINEMOというサービスを運営開始したのですが、LINEMOもキャリアメールがない、基本料金が高い、店頭サポートがない、端末の販売がないといったデメリットを抱えています。
しかしワイモバイルでは全国に1,000を超える店舗と、ソフトバンクの店舗や家電量販店のブースなど合計4,000以上の相談窓口があります。そこでは契約や故障時の対応などをソフトバンク並にして貰うことが可能です。もちろんサポート料は無料です。
またエリアはソフトバンクと全く同じで、ソフトバンクが使えるところなら日本全国どこでも繋がります。
ワイモバイルにはキャリアメールもありますし、キャリア決済もあります。カード払いができない方には口座振替ももちろん可能です。
スマートフォンのセット販売も行っており、10種類以上の安い機種から高い機種までいずれかを選ぶことができます。もちろん分割払も可能です。
シンプルプランの違約金と縛り また各種手数料ですが、契約解約が自由で、定期契約(2年縛り・3年縛りなど)がなく解約したときの解約手数料(違約金)もかかりません。ワイモバイルから他の会社に乗り換えたいときに電話番号を移行できる手数料(MNP手数料)も無料です。また契約手数料はオンラインだと0円ですが、ショップで行うと3,300円です。
また料金プランが安く、月々2,178円から、家族で乗り換えると家族割を適用できて2人目から10人目まで月々990円からと破格の月額料金で契約することができます。料金はずっと同じで2年後も3年後もずっと上がりません。
ワイモバイルの料金プラン
月額1回線目
シンプルS(3GB)2,178円
シンプルM(15GB)3,278円
シンプルL(25GB)4,158円
電話代は別になっていて、30秒20円ですが、月々770円プラスで1回10分以内の電話が回数無制限に、月々1,870円プラスで回数・時間無制限の完全かけ放題にすることもできます。完全なかけ放題でもプレフィックス式ではなく、携帯電話網を通っているためソフトバンクと全く同じ品質の通話が可能です。(IP電話のようになりません)。
ワイモバイルの家族割 ワイモバイルは料金プランの安さとサポートの充実さ、そして速度の速さと家族割が目玉のサービスとなっています。
家族別々に契約してそれぞれが好きな容量を選べること、電話をよく使う方にはかけ放題がつけられること、そしてキャリアの機能は全部込みこみで、サポートは何回でも無料です。そのためスマホに詳しい方もそうでない方にも安心できる携帯電話会社です

目指せ年間12万円の節約

通信費の節約

ギガライト2の1GBを一人で乗り換えるなら月々1,100円オフ、1年間では13,200円安くなります。2人、3人そして4人になると月々3,564円オフで年間42,768円の節約になります。

これはドコモのギガライト2の1GBプランを契約している場合です。もっと大きなプラン3GBや5GB、7GBであればさらなる節約が可能です。

たとえば家族4人でギガライト2の5GBを契約していると月々17,512円、ワイモバイルの5GBなら7,348円になります。1ヶ月では1万円安くなり、1年間での差はなんと121,968円と12万円以上の節約が可能です。以下の表をご覧ください。

ドコモ5GBプラン、Y!mobile 5GBの場合で比較!
人数 ドコモ 5GB Y!mobile 5GB 月々の差額 年間の差額
1人 5,478円 2,728円 2,750円安い 3.3万円安い
2人 9,856円 4,376円 5,480円安い 6.6万円安い
3人 13,134円 5,808円 7,326円安い 8.8万円安い
4人 17,512円 7,348円 10,164円安い 12.2万円安い

家族で携帯電話の契約を乗り換えるのはやや手間がかかり、面倒なところもあります。ですが、1度変更してしまえばその後は何の手続きも要りません。それで12万円以上も節約できるとなると、それはもう大きな収入ということができます。

ぜひこの機会に、高額すぎる通信料金を減らしていきましょう!

タイトルとURLをコピーしました