ドコモ・au・ソフトバンク・ワイモバイルの4社のガラケーのかけ放題や維持費がどこが一番安いのか比較しています。

たぬ吉たぬ吉

今でも一番安く長時間の電話をかけるとなると、どうしてもガラケーに行き着くよね。2017年現在一番安いガラケーのかけ放題が出来る所はどこ?


シム姉さんシム姉さん

そうですね。何分間のかけ放題なのか、カケホーダイなしでいいのかなどによっても異なるけど、5分間かけ放題ならソフトバンクが、無制限かけ放題ならワイモバイルが一番安いですね。ドコモauソフトバンクワイモバイルを比較していきましょう。

ドコモのガラケー料金

ドコモのガラケーの最低料金は1,800円です

  • カケホーダイライトプラン(ケータイ) 1,200円
  • SPモード 300円
  • ケータイパック 300円

合計1,800円が最安値です。

このプランで行くと5分の通話がかけ放題、これ以外にデータ通信をする場合はパケット代が最高4,200円かかります。

ケータイパック300円でできる通信量は10MBですので、最低限に抑えるためには通話専用にするという割り切りが必要ですね。

ドコモのかけ放題ライトプラン携帯版は1,200円ですが、SPモードとケータイパックをつけると600円かかってしまいます。

音声通話専用にする場合はこれを外したいところです。ですがこの二つを外してしまうと本体端末代割引である月々サポートが適用外になってしまうため、機種代を安くするためには加入が必須といえます。

誰とでも何時間でもかけ放題、無制限かけ放題にする場合は1,000円加算で2,800円になります。

auのガラケー料金

auのガラケー料金の最安値は月額1,800円です。料金の内訳は

  • スーパーカケホ(ケータイ) 1,200円
  • LTEネット接続料 300円
  • 端末代分割払い実質負担 300円

auの五分間のかけ放題最安プランは、データ通信をする場合は別途ダブル定額Z、最高4,200円がかかります。

auでは機種代が無料にはならず300円の36回払いが必要です。3年契約3年縛りになっています。

まだ誰とでも何回でも無制限、通話し放題にする場合は1,000円加算し2,800円になります。

ソフトバンクのガラケー最安値

ソフトバンクのガラケー最安値は1,500円です。ソフトバンクは

  • 通話定額ライト基本料(ケータイ) 1,200円
  • ウェブ使用料 300円
  • データプランデータ定額S(4Gケータイ) 0円

という内訳になっています。ガラケーは本体代割引があり、実質無料で購入することができます。ただしその場合36回払いですので、3年契約になります。

誰とでも何回でも完全にかけ放題にする場合、1,000円加算で2,500円です。

ワイモバイルのガラケー最安プラン

ワイモバイルは933円が最安値です。933円でケータイを持てます!

さらにガラケー本体は端末購入割引が全額きくので本体価格が実質無料で入手できます。

ケータイプランSSが933円
このプランはかけ放題は限定的でSoftbank系列の携帯にかけた場合は1時から21時まで完全に無料ですが、それ以外の時間やソフトバンク以外のスマホ携帯にかける場合は30秒20円の通話代がかかってしまいます。

誰とでも何回でも何時間でもかけ放題にする場合は「スーパーだれとでも定額」1,000円をつける必要があり、その場合、月額1,933円です。

Docomo・au・Softbankと比べると一番安いですね。

ガラケーのかけ放題最安値の比較のまとめ

  • 5分間かけ放題はソフトバンクが1,500円で最安値
  • 完全かけ放題はYモバイルの1,933円が最安値