現在ガラケーを使っていてまだスマホに乗り換えられない方の、スマホの不安が解消できる六つのテクニックを紹介します。

たぬ吉たぬ吉

ガラケー(フュージョンフォン)に長く親しんでいると、スマホに乗り換えるのも不安だよね。

シム姉さんシム姉さん

そうですね。このページではガラケーからスマホに乗り換えた方によくあるトラブルの解消方法を6つ紹介します。

ガラケーからスマホに乗り換えてよく起こる六つのトラブル

スマホとガラケーの大きな違いは端末にボタンがほとんどないことです。

全てがATMの画面をタッチして操作するように、画面上にボタンやスイッチが表示されてそれを押したり横にずらしたりして操作します。

そのため画面周りのトラブルが多いです。

スイッチ電源の入れ方が分からない

スマホは電源の入れ方が複数あります。まずスイッチを押す方法スマホの側面に必ず電源オン・オフのスイッチがありますが、「電源ボタン」だと文字で書いていないので一見しただけではわかりません。

説明書を読んで位置を確認するか、実際に押してみて電源が入るところが電源ボタンです。

また電源ボタン以外にも電源入れることができ、iPhoneの場合は左下中央の丸いボタン(ホームボタン)を押すと電源が入ります。

またカメラを起動する「カメラのボタン」を押すことでも電源が入ります。Android端末はiPhoneのようなホームボタンはありませんが、同じくカメラを起動するボタンで画面をONにできます。

画面が反応しない

次に遭遇するのが画面がうまく反応してくれないというものです。スマホを取り扱う時は指の腹で優しく触りましょう。爪を立てるとうまく反応しません。

また強く押すと「強押し」という別の機能の意味になってしまいます。

スマホの画面を押すことを「タップ」と言います。画面を押しながら上下・左右に画面を動かすことを「スライド」と言います。そして画面をスクロールする動きを「スワイプ」と言います。

スマホを始めて持ったらまずこの三つの操作方法に慣れましょう。

画面がくるくる回ってしまう

スマホは画面を横にすると表示している内容も横になってしまいます。寝ながらいじろうとすると、向きがおかしくなって操作しにくいことがあります。そんな時は画面をロックすると便利です。

画面をロックすると横に向けても逆さまにしても、いつも同じ向きに画面が表示されます。設定方法はiPhoneとAndroid端末で異なります。

iPhoneの場合は画面の下から上に向かってスライドすると「画面ロック」のボタンが出てきますので、押します。

Android端末の場合画面の上部から下に向かってスライドさせると「画面ロック」のボタンが出てきますので、それを押します。そうすると画面が固定されます。

画面やページがすぐ飛んでしまう

やっとスマホが操作できるようになると、次に遭遇するのが画面やページが意図せずコロコロと変わってしまうことです。

それはスマホが軽いタッチにも反応して、ページが変わってしまうことにあります。

撫でるように触ったり、少し間違ってぶつかったりしてしまうぐらいでもスマホはボタンを押したと認識して次の画面に移行してしまいます。

スマホを使う時は間違って手が触れたり、撫でたりしないようにしましょう。
またガラケーのボタンのように強く押すと画面(ディスプレイ)がダメージを受けて壊れてしまうこともあります。

文字が小さくて見づらい

ガラケーはキーボードとしてボタンがついていて大きくて見やすいですし、画面も文字が大きいので老眼でも見やすいです。

しかしスマホは小さい画面に細かい文字で書かれているのでとても見づらく、ボタンの表示も小さくて一つのボタンを押したつもりが二つ同時に押してしまうことがあります。

そんな場合は文字のサイズを大きくできます。
iPhoneとAndroid端末で設定方法が異なります。

Android端末の場合

Android端末の場合はホームボタンを押して設定を押して「画面設定」の項目を開きます。下の方までページを進めると「フォントサイズ」という欄がありますので、その中で小・中・大・特大のどれかを選びます。

また端末によっては字体「フォント」を変更できるものもあります。

iPhoneの場合は「設定」画面を開いて「画面表示と明るさ」という項目を開きます。その中に「文字サイズを変更」という項目がありますので、左から右に7段階で調節できます。

画面がすぐ暗くなってしまう

スマートフォンは画面が点灯していることでバッテリーをどんどん消費してしまいます。そのため操作しないと自動的に電源がオフになるように設定されています。

しかしWebページをゆっくり見たい時などに、途中で画面が暗くなってしまうと困ります。そんな場合は画面が暗くなるまでの時間を変更できます。

Android端末の場合、「設定」画面を開き「画面設定」を開きます。その中に「スリープ」という項目がありますので、15秒・30秒・1分・2分・5分・10分・30分のどれかから選べます。スリープなしは選べません。

iPhoneの場合iPhoneの場合は「設定」画面を開いて「画面の表示と明るさ」を開きます。「自動ロック」という項目がありますので、30秒・1分・2分・3分・4分・5分・なしのどれかから選べます。

ガラケーからスマホに乗り換えた時によくある操作トラブルを7個紹介しました。乗り換え検討中の方の参考になると嬉しいです。

スマホに乗り換えたときよくあるトラブルまとめ

  • スイッチ電源の入れ方が分からない
  • 画面が反応しない
  • 画面がくるくる回ってしまう
  • 画面やページがすぐ飛んでしまう
  • 文字が小さくて見づらい
  • 画面がすぐ暗くなってしまう