IIJmioのケータイプランとは?機能や用途・代替策も提案

IIJmioで受け付けていた「ケータイプラン」についてどんなことに使えるのか、用途や機能、受け付け終了後の代替策についてもみていきましょう。

特に断りがない場合は税込み表示になっています。

ケータイプランとは

ケータイプラン

データ容量なし

ケータイプランとは、IIJmioの音声通話専用のSIMサービスで、データ容量がないプランです。データがないのでネットや通信ができません。さらに高速データだけでなく低速モードもないので、本当にメールやLINEなども全くできません。

昔の電話専用のガラケーのような契約方法といえます。

電話番号あり・SMS可

電話アプリ
データはできなくても電話番号はあり、普通の音声通話SIMです。それもガラケーのような3Gサービスではなく、4G(LTE)のサービスで停波の心配がありません。

また音声通話SIMにはSMS機能もついていて、SMSの送受信が可能です。
また普通の音声通話SIMであることから、110番や119番など緊急通報は可能なほか、緊急速報にも対応しています。

できないこと

注意点

データ通信

既定ではデータ容量は付与されないので、データ通信は一切できません。高速通信も低速通信もできません。

メール・LINE

普通のYahooメールやGメールなどパソコンのメール、LINEでのやりとりもデータが無いためできませんただSMS(ショートメッセージサービス)は使えるので、これをメール代わりに使うことも可能です。(別途SMS料金がかかります)

色々な機能

データがないことから、データを使う様々なアプリを一切使うことができません。

こんな用途に最適

電話番号 電話

電話番号の維持に

サブの電話番号だけれど、それなりの年数使っているので番号を維持しておきたい、海外留学や出張が決まったが、日本に戻ってきたらまた使うので残しておきたい。と言った場合に最低金額で電話番号の維持ができます。

待受専用端末に

電話を自分からかけることはなく、ほとんど待受なので基本料金を節約したい、電話専用機としてガラケー(4G回線のいわゆるガラホ)を残しておきたいといった場合に、1,000円ちょっとで持っておけるのは嬉しいですね。

電話専用機に

ケータイプランはかけ放題に加入することも可能です。そのため自分から電話をかけることが多い方も、電話料金、基本料金を節約することができます。また電話の際は慣れたガラケーのほうがよい、という場合にSIMをさせば簡単に使えます。

またケータイプランの使っている回線は3G用ではなくLTE(4G)回線なので、ガラケーといってもガラケーの形をした「ガラホ」(中身はアンドロイドで形だけガラケー風になっている)を使いたいという場合にも問題無く使えます。

ケータイプランでできること

追加チャージでネットも

チャージ
データ通信はできないと書いてきましたが、実はデータを使う方法があります。それは高速データ容量のチャージです。

ケータイプランでも、データチャージには対応しているので、チャージさえすれば普通のミニマムスタートプランなどと同じように、ネットもLINEもメールも動画もできるようになります。

かけ放題・留守電に入れる

かけ放題

ケータイプランもかけ放題に加入できます。そのため人によって電話料金を大きく節約できます。オプションは以下のようになっています。

かけ放題オプション
種類 月額料
3分かけ放題 月額660円
10分かけ放題 月額913円
完全かけ放題 なし
半額通話アプリ
月額料金 無料
通話料 30秒11円

半額通話は既定でついており、オプション料金なしで使うことができます。また家族間通話割引も、他のプランと同じように適用可能です。

ただ残念ですが、完全かけ放題(回数時間無制限)のオプションはありません。そのためガラケー時代と全く同じというわけにはいきません。

また留守番電話サービスなどの通話オプションにも対応しています。

プラン変更できる

ケータイプランは、ミニマムスタートプラン・ライトスタートプラン・ファミリーシェアプランと自由にプラン変更できます。データ容量の増減のような扱いで、もちろん電話番号も引き継がれます。

※現在ミニマムスタートプラン、ライトスタートプラン、ファミリーシェアプランは新規受付を停止しています。ケータイプランからギガプランへのプラン変更はマイページから無料で可能です。

MNPできる

MNP

ケータイプランもMNP乗り換え(他社から電話番号を引き継いでケータイプランに乗り換える)に対応しています。また逆にMNP転出(他社に電話番号をそのまま引き継いで乗り換えること)に対応しています。

受け付け終了、代替策は

実はこのケータイプランですが、2021年8月をもって新規申し込みを停止します。そのため今後ケータイプランに加入することはできません。(今お使いの方はそのまま使うことができます)

それではケータイプランをまかなえるIIJmioのプランはあるのでしょうか?

答えは「ギガプラン」になります。

ギガプラン

ギガプランは月額858円から電話もネットもできる新しいプランで、ケータイプランよりできることの幅が広がります。またケータイプランは月額1,012円のためギガプランのほうが安く契約することができます。

ギガプランについて簡単に解説すると

  • 音声通話もできる音声通話SIM
  • 2GBから20GBまで5プランが用意されている
  • お得に端末を購入できる
  • 光セット割が適用できる
  • 5Gサービスも対応している
  • シェアなどできることが広がる

といった特徴があります。

最低維持費は2GBの月額858円、ケータイプランよりさらに安く2GBまでの通信がコミコミです。ギガプランのSIMもガラホ(ガラケーの形をしているアンドロイド端末)でも使うことができるLTEサービスです。

  • 電話番号を安く維持したい
  • サブ機なので安く契約したい
  • ガラケーの3G回線が停波後の乗り換え先を探している
  • 電話だけでなくインターネットをする機会が増えてきた

といった方におすすめのプランです。

IIJmio
IIJmio(ギガプラン)の評判やメリット・デメリットまとめ
タイトルとURLをコピーしました