ギガプランではタイプA⇔タイプDのSIM変更が可能!その方法は

ギガプランではキャリアの変更が可能です。仕組みや方法、手数料について解説します。

特に断りがない場合は税込み表示になっています。

タイプD⇔タイプAの変更ができる

2021年3月からIIJmioで、SIMカードのタイプをタイプD(ドコモ網)からタイプA(au網)または、タイプAからタイプDへ電話番号引き継ぎで変更できるようになりました。そこでギガプランでもタイプDとタイプAの変更が可能です。

※タイプDとはドコモ回線、タイプAとはau回線のことです。

たとえばドコモ回線で申し込んだけれど途中からau回線にしたくなった、というとき電話番号を引き継いでキャリアを買えることが可能になったのですね。

ただ音声通話SIMなら電話番号が引き継げるが、データ専用SIMやSMS機能付きSIMではできない、など注意点もありますので仕組みや注意点、費用などについても詳しくみていきましょう。

できる組み合わせ

まずIIJmioのギガプランで変更可能なSIMカードの組み合わせをみていきましょう。以下の図のようになっています。

iijmio タイプA タイプD 変更

音声通話SIMはMNP扱い

電話アプリ

図のように音声通話SIMではタイプDとタイプAの間で電話番号を引き継いで、キャリアを変えることが出来ます

ただし変更時は新規電話番号では不可で、元の電話番号からMNP転出し再びIIJmioに転入という形を取ります。そのことでMNP転出手数料がかかることはありません。またMNP手続きはIIJmio側でスタッフが行うので、自分でMNP予約番号などを取らないようにしましょう。

データSIMは電話番号が変わる

またドコモタイプのデータSIMとauタイプのデータSIMの交換は可能です。SMS機能付きSIMもタイプDとAの変更可能です。音声SIMとデータSIMも同じように可能です。

ただしデータ専用SIMカードとSMS機能付きSIMの場合はMNPができないため、タイプD、タイプA間で変更すると電話番号が変更になります。ドコモ同士、au同士でもデータSIMと音声SIMの変更は電話番号が変わります。この点、注意しましょう。

注意点

音声は本人確認が必要

本人確認書類

データSIMやSMS機能付きSIMから、音声通話SIMに変更する場合は法律により本人確認が必要になります。運転免許証やマイナンバーカードなどの写真をアップロードする必要がでてきますので、事前に本人確認書類を用意しておきましょう。

手数料は2,200円

SIMサイズやタイプの変更は、一律1枚あたりSIM交換手数料2,200円の手数料が発生します。またこれとは別にSIMカード発行手数料(タイプD:433.4円、タイプA:446.6円)がかかります。

ただSIMカード交換手数料無料キャンペーンを時々(年2回程度)行っていますので、急ぎでない場合はこれを待っても良いでしょう。ただSIMカード発行手数料(タイプD:433.4円、タイプA:446.6円)は通常通り請求されます。

空白期間ができる

SIMカードの機能やサイズの交換は、使えなくなる期間が発生します。前のSIMカードは新しいSIMカード到着の前日まで使うことができます。新しいSIMカードは到着予定日の朝から使うことができるようになります。

また音声通話SIMからデータに変更したい場合、申し込み期限があり当月20日までです。翌月1日から使えるようになります。

申し込み方法

会員サイト(マイページ)から申し込むことができます。

少々公式サイトが分かりづらいため、画像で説明させていただきます。

まず会員ページにログインします。

ギガプランを選択

契約内容を選択

SIMカード交換・タイプ変更を選択

変更したい電話番号を選んで

変更したいタイプを選択します。

音声通話SIM同士の交換の場合MNP手続きとなりますので、SIMカードが送られてきたらMNP開通手続きを行う必要があります。

IIJmio
IIJmio(ギガプラン)の評判やメリット・デメリットまとめ
タイトルとURLをコピーしました