このページでは、2021年3月から運用開始(先行エントリー受付中)のauの新料金「povo(ポヴォ)」とワイモバイルで2月18日から申し込める「シンプルS/M/L」について、価格や申し込み方法、手数料などを比較していきます。

たぬ吉たぬ吉

auの新料金「ポヴォ」とワイモバイルのシンプルプランはどちらがお得なのかな?


シム姉さんシム姉さん

povoとシンプルを色々な角度から比較してみましょう!

新料金プランとは

新料金プランとは、2021年から運用開始のこれまでより安価なスマホ回線契約プランのことで、各社が発表しています。なかでも大手キャリアである「ドコモ・au・ソフトバンク」が一斉に大容量なのにこれまでとは破格のプランを発表して、大手キャリアだけでなく、格安SIM会社(MVNO)も巻き込んだ大注目のプランとなっています。

その新料金プランでは、

  • ドコモがahamo(アハモ)
  • auがpovo(ポヴォ)
  • ソフトバンクが(ラインモ)

を発表しており、料金プランや手数料などは以下のようになっています。

<auとワイモバイルのプラン>

プラン比較 ワイモバイル(1回線,2回線~) au(povo)
3GB 900~1,980円 2,480円
15GB 1,900~2,900円 2,480円
25GB 2,700~3,780円 該当なし
申し込み オンライン 店頭/オンライン
サービス 店舗・オンライン 店頭/オンライン
無料通話 なし なし
国内5分かけ放題 +700円 +500円
無制限かけ放題 +1,700円 +1,500円
5G対応 無料 無料
海外利用 150カ国で込み 未定
テザリング 無料 無料(2021年夏~)
家族割 1,080円引き なし
キャリアメール あり なし
電話番号引き継ぎ(MNP)
故障時対応 店頭あり 店頭/オンライン
2年縛り(2年契約) なし なし
違約金(契約解除手数料) なし なし
事務手数料 オンラインなら無料、店舗では3,000円 無料

povoとシンプルプランを比較!

povoとシンプルプランを比較してみましょう。

まず料金プランですが、ワイモバイルは1回線目と2回線目で価格が異なります。また契約ギガ数に応じて3種類のプランが用意されています。いっぽうpovoは一律料金です。

申し込み方法にも違いがあります。ワイモバイルはオンラインと店頭(店頭)で契約可能ですが、auのpovoはオンライン申し込み限定です。アフターサービスも同じくワイモバイルは店頭でも可能、povoはオンラインチャットなどのみです。

通話代については無料通話は含まれておらず、使いたい場合に有料で追加する仕組みになっています。ワイモバイルもpovoもかけ放題がついていません。必要な場合は使い方に応じてシンプルプランでは10分間かけ放題(+700円)か無制限のかけ放題(+1,700円)に加入する必要があります。povoは+500円で5分間かけ放題を、無制限のかけ放題は+1,500円の追加料金が必要になっています。

5G通信サービスはワイモバイルは無料で対応済みです。またpovoは2021年夏から5G対応の予定です。ただしどちらも5G通信に対応したスマートフォンが必要です。

海外ローミングは、ワイモバイルが150カ国で込み価格、povoは未定になっています。またテザリングはどちらとも無料で可能です。

家族割引に関しては、ワイモバイルは2回線目以降、1回線当たり1,080円引きですが、auのpovoでは割引きなしです。

違約金や2年縛りはauのpovoは違約金(契約解除料)、事務手数料は無料になり、2年縛り(最低契約期間)は撤廃されました。一方ワイモバイルのシンプルでは2年縛りなし、契約解除料もなし、事務手数料もオンラインなら無料、店頭では3,000円となっています。MNP転出料については調査中です。

povoがおすすめな方

auの新料金プランのほうがよいという条件は

  • auのスマホ端末を使い続けたい
  • 大容量を契約したい
  • 通話はほとんどしない
  • サポートがオンラインでも大丈夫
  • 1回線のみ契約したい

という場合です。
povoはauと同じ電波を使うため、ソフトバンクやドコモの端末は使えないことがあります。ですがauからpovoへの変更なら、使っている端末がそのまま使えます。また20GBなど大容量を契約したい場合でも一律料金2,480円で使えてお得です。

そしてドコモやソフトバンクと異なる大きな特徴が、電話代が別に分離されたという点です。ドコモやソフトバンクは20GBに5分かけ放題500円が込みになっています。電話を使う人には良いプランですが、ほとんど電話しないという方には無駄がありました。povoではかけ放題なしにすることで、同じ20GBでも2,480円という最安プランを実現しています。

またドコモのahamoと同じく廉価プランのため高コストの店頭サポートがありません。申し込みや故障時、不明点がある場合など、全てオンラインチャットでの対応となっています。

ワイモバイルがおすすめの方

一方ワイモバイルの新料金プランがよいという場合は

  • 家族で乗り換える場合
  • 複数回線契約する場合
  • キャリアメールが必要な方
  • オンラインだけのサービスでは不安な方

という場合です。

ワイモバイルのシンプルS/M/Lはソフトバンクの電波を使っていて、ソフトバンクが使えるところはどこでも繋がります。また必要なギガ数に応じてプランを選択できるので、少量契約の方でも無駄がありません。2回線目以降10回線目まで1回線当たり1,080円割引きがあるので、複数契約したい場合や家族で乗り換える時に低価格で契約できます。