このページはSIMフリーとは何なのか、SIMフリースマホとSIMロックありのスマホの違いを知りたい方へのページです。

※特に断りがない場合は税込み表示しています。

SIMロックとは

SIMロック

SIMロックとは、何なのでしょうか?どこにロックがかかっているのでしょうか?

SIMロックとはごく簡単にいってしまうと、ドコモ・au・ソフトバンク(大手キャリア)から他社に乗り換えするのを防止するためにあります。例えばドコモの端末にはドコモのSIMロックがかかっており、そのスマートフォンはauやソフトバンクで使うことはできなくなります。そのためずっとドコモの通信契約をしてくれる、というのが狙いということです。

そのためSIMロックはSIMカードにかかっているのではなく、端末本体にかけられた鍵のようになものだということができます。鍵がかかっているとauやソフトバンクのSIMカードを受け付けなくなります。ドコモの鍵(SIMロック)はドコモ(のSIMカード)でしか開けることができないと考えればよいでしょう。

同様にauのスマートフォンにはauの鍵(auのSIMロック)がかかっており、ソフトバンクのスマートフォンにはソフトバンクの鍵がかかっています。試しにSIMカードを差し込んで使おうとすると、そのSIMカードは使えないという警告が出るようになっています。

SIMフリースマホとは

SIMフリースマホは、元々鍵(SIMロック)がかかっていないスマートフォンのことを指します。正確には「SIMフリースマホ」は「SIMロックフリースマホ」といいます。

ドコモ・au・ソフトバンク以外で製造され、どこの携帯電話会社でも使えるようになっている端末です。

最近SIMフリースマホがかなり流通するようになってきました。特に格安SIMとよばれる携帯電話会社では、取り扱っている端末はほとんどSIMフリースマホです。

SIMフリー端末はメーカーでいうとファーウェイ(Huawei)やエースース(ASUS)、オッポ(OPPO)、シャオミ(Xiaomi)などが有名です。またソニーや富士通、シャープ、アップルといった製造元も今ではSIMロックのかかっていないスマホも製造しています。

SIMフリー化(SIMロック解除)とは

SIMロック解除
それでは、元々SIMロックがかかったスマホはもうロックを解除することはできないのでしょうか?

実は条件はあるのですが、SIMロックの解除は簡単にすることができます。元々SIMロックがかかったスマートフォンを解除することをSIMフリー化(SIMロックフリー化・SIMロック解除)といいます。基本的に2015年6月以降に製造されたスマホ端末は、法律でSIMロックが解除できるようにしなければならないとなっています。

つまり現在流通しているスマートフォンはほとんどSIMロック解除が可能なのですね。現在ではSIMロックがかかっているスマホでも、それを解除できるので、結果どこの携帯電話会社でも使うことができるようになっています。

SIMロックの解除方法

SIMロック解除

2021年現在、SIMロックの解除はとても簡単になっています。

  • Android端末ではSIMロック解除の手続きの上で「SIMロック解除コード」を入力する
  • iPhone・iPadではSIMロック解除の手続きをするだけ

でSIMロックを解除することができます。

その手続きはドコモ・au・ソフトバンク・ワイモバイルのマイページで可能な他、ショップでも可能になっています。

以前はこのSIMロック解除の手続きにハードルがあり、3,300円の手数料がかかったり、買ってから101日以上たたないと解除できないなど厳格な条件があったのですが、現在ではそれらが改善され、よりSIMロックの解除がしやすいようになってきました。

なおドコモ・au・ソフトバンク・ワイモバイルの会社ごとのSIMロックの解除方法は別のページで解説しています。