ソフトバンクからワイモバイルにMNPで取り替える方法、解約してから乗り換える方法を見ていきます。

たぬ吉たぬ吉

ソフトバンクからワイモバイルに乗り換えることになったんだけど、スマホを乗り換えたことがないからやり方がわからないや。いくら費用がかかるのか手順を教えてほしいな。

シム姉さんシム姉さん

スマホの乗り換えが初めてなんですね。ワイモバイルに乗り換えるのにかかる違約金などの費用そして手順についてみていきましょう。

ソフトバンクからワイモバイル乗り換える方の中には、ソフトバンクを解約してワイモバイルに乗り換える方ソフトバンクで使っていた電話番号をそのまま引き続き使いたい方(MNPで乗り換える方)がいると思います。

このページではMNPで電話番号を引き継いで乗り換える方法を紹介しています。ソフトバンクを解約してワイモバイルに乗り換える方はMNPの説明項目を飛ばして読んで下さい。

たぬ吉たぬ吉

僕はソフトバンクで使っていた電話番号をそのまま使いたいからMNP乗り換えということになるのかな。

シム姉さんシム姉さん

そうですね。今の電話番号を使いたい場合はMNPで乗り換えましょう。

このページで乗り換えられる方

このページでは

  • ソフトバンクのスマホを利用している方
  • ソフトバンクのガラケーを利用している方

が対象です。

家族でソフトバンクを契約している方の場合も、自分一人でソフトバンクを契約している方も乗り換えられます。

電話番号を引き継ぐ場合MNPを行いますが、ワイモバイルに乗り換える場合、電話番号が使えなくなってしまう期間はほぼゼロです。

そもそもMNPとは?解約との違いとは

出典:ドコモ
MNPは今まで使っていた電話番号を携帯会社を変えてもそのまま使えるようにする手続きです。MNPをするとソフトバンクで使っていた電話番号をそのままワイモバイルで使うことができます。

解約との違い

解約は電話番号を引き継がずに回線を解約することです。
そのため解約すると今まで使っていた電話番号を失うことになります。

MNPで電話番号を引き継ぎたい方は、うっかり解約してしまわないように注意しましょう。そうなると電話番号を元に戻せなくなってしまいます。

たぬ吉たぬ吉

今使っている電話番号をもう使わない方は解約を、電話番号引き継ぎたい場合はMNP乗り換えをしようね。

MNP乗り換えに必要なもの

  • MNP予約番号(MNPをする方のみ)
  • 本人確認書類
  • 本人名義のクレジットカード

ワイモバイルでは口座振替にも対応しています。しかしオンラインで申し込む場合はクレジットカードのみの対応になっていますので、口座振替で申し込みたい方はワイモバイルのショップに出向くようにしてください。

MNPで乗り換える方はMNP予約番号と本人確認書類、本人名義のクレジットカードを用意しておきます。MNP予約番号はSoftbankから入手します。

本人確認書類はワイモバイルに提出するもので運転免許証や保険証、日本国パスポートなどが主なものです。

運転免許証を持っている方は運転免許証だけで構いませんが、保険証を使いたい場合は補助書類として住民票や公共料金の支払い明細書などが必要になりますので、あらかじめ用意しておきましょう。

MNPで乗り換える場合MNP番号取得してから15日以内乗り換えないと無効になってしまいますので、MNP予約番号を取得する前に本人確認書類を揃えておきましょう。

たぬ吉たぬ吉

ワイモバイルに乗り換える場合MNP期限が10日以上必要なので、先に本人確認書類、住民票などを取得しておこうね。

乗り換えにかかる費用

MNPで乗り換える場合ソフトバンクに支払う料金とワイモバイルに払う料金があります。

①Softbankに払う料金

  • MNP転出料3,000円
  • 違約金9,500円(更新月でない場合)

②ワイモバイルに支払う料金
事務手数料3,000円

つまり乗り換えには最低6,000円、更新月でない場合は15,500円かかることになります。

解約の方はMNP転出料3,000円は不要なので事務手数料3,000円のみ、又は違約金が必要です。

スマホ端末の準備をする

今使っているスマートフォンをそのままワイモバイルで使うのか、ワイモバイルのオンラインストアで新しく買い直すのか決めておく必要があります。

現在利用しているスマホを使う場合

現在使っているスマホを使う場合は、スマホ端末のSIMロック解除が必要になります。

ワイモバイルはSoftbankの回線なのでソフトバンク同士ならシムロックが解除しなくても使えると思っている方も少なくないと思いますが、ソフトバンクのシムロックがかかっているとワイモバイルでは使えませんので、必ずSIMロックを解除してください。

ただし全てのスマホ端末がSIMロックの解除ができるわけではありません。実は2015年5月以降に発売されたものしかSIMロックの解除ができません。そのため2015年4月以前のスマホ持っている方は買い直す必要があります。

iPhoneシリーズであればiPhone6s以降はシムロックの解除ができますが、iPhone6以前の方は使うことができません。

シムロックの解除方法


出典:楽天モバイル

まずSIMロックを解除する前に確認しておきたいポイントがあります。それはSIMロックの解除には条件があることです。

以下のような条件を全部クリアする必要があります。

  • 2015年5月以降に発売されたSIMロック解除機能が付いているスマホ
  • 購入してから100日以上経過しているもの
  • すでに解約している場合は90日以内に解約したもののみ
  • 契約者本人確認ができたもの
  • 水没・故障など壊れていないこと

この条件を満たしていればSIMロックは簡単に解除することができます。

MySoftbankでSIMロックの解除をする

一つ目の方法はMySoftbankのページから申し込む方法です。MySoftbankにログインしてその中で下の方にある「契約確認」をタップします。そうすると下に「お手続き一覧」が出てきますので、その中に「SIMロック解除対象機種の手続き」から始めます。

そこにiPhoneに搭載されているIMEI番号を入力するだけで、すぐにSIMロックが解除されます。

ショップで行う

SIMロックの解除はショップで行うこともできます。もう解約してしまってマイページにアクセスできない、自分で解除する自信がないという方は、お近くのソフトバンクショップに行ってください。

そして本人を証明できる書類を提示しSIMロックの解除をしたいということを伝えます。そうすると店頭で30分程度でSIMロックを解除してくれます。

店頭でSIMロックの解除をする場合はSIMロック解除手数料が3,240円かかります。

事前に行うべきこと

キャリアメールのバックアップ

スマホ本体を乗り換える場合はアプリのデータ通話履歴やLineのトークなどをバックアップして新しいスマホに復元することになります。

このようなバックアップはワイモバイルに乗り換えた後もゆっくりとできます。ただし先に行わないといけないことがあります。それはキャリアメールのバックアップです。

ソフトバンクのキャリアメールは解約してしまうとサーバーから削除されて後で閲覧することが出来なくなってしまいます。そのため必ずソフトバンクの契約が有効なうちにバックアップするようにしてください。

ポイントを利用する

次にソフトバンクでポイントが貯まっている場合は先に利用するようにしてください。乗り換えてしまうとポイントがなくなってしまいます。ただしTポイントカードと連携してしている場合はポイントは消滅しません。

MNPのタイミング

ソフトバンクを解約する時期を間違えてしまうと手続きが翌月まで長引き、2ヶ月の料金が請求されてしまう心配があります。そのため無駄に料金が請求されないように乗り換える日を慎重に決める必要があります。

まず一年縛りの場合契約から25ヶ月目と26ヶ月目だけ違約金がかからないようになっています。そのためもうすぐ契約更新月がと近づくという場合はその月まで待った方がいいですね。

しかし契約更新月が6ヶ月以上あとという場合には、違約金を払って乗り換えた方がいいでしょう。

いつ乗り換えるか

締め日に合わせて乗り換える必要がありますが、実はソフトバンクは請求の締め日が3回あります。

  • 末日締め
  • 11日締め
  • 21日締め

ご自分の締め日に間に合うように乗り換え手続きを完了させないといけません。

請求締め日がわからないという場合はマイソフトバンクの画面をスクロールしてご請求締日という欄で確認してください。

このページでは月末締めの場合を想定して計算しています。

月末締めの場合11月分の料金は11月1日から11月30日1ヶ月分として請求されます。そのため12月分の支払いを発生させないためには11月に乗り換え手続きを行う必要があります。

例えば11月25日に乗り換え手続きを始めると12月にまたがって12月の料金が請求されてしまいます。そのため月初めから月半ばぐらいにMNP番号予約して早めに乗り換え手続きを完了させましょう。

その月内で乗り換え手続きが完了すると、ソフトバンクへの支払いは11月分まで、ワイモバイルに支払う料金は11月分を日割り計算したものです。

MNPで乗り換えた場合、MNPが成功した時点で自動的にソフトバンクは早く手続きが行われますので、自分で解約手続きをする必要はありません

※ソフトバンクを解約するタイミング

この項目は、MNPの方は飛ばしてください。

Softbankの契約を解約して新しくワイモバイルに申し込むという場合は、同じように締め日を確認してソフトバンクを解約してください。

余裕を持って解約するようにしてください。

実はソフトバンクはオンライン・電話では解約することができません。そのためショップに出向いて解約する必要があります。

必要なものは

  • 本人確認書類、免許証・保険証・日本国パスポートなど
  • スマホ本体

を持って行きます。

以下はMNPのところを飛ばして手続きを進めて下さい。

MNP乗り換えの大まかな流れ

  1. 締め日を確認する
  2. MNP予約番号を取得する
  3. ワイモバイルに申し込みする
  4. SIMカードやスマホが発送される
  5. 自宅に到着する
  6. 電話番号の切り替えを待つ
  7. スマホ本体の設定を行う

締め日を確認する

先ほど説明した要領でMySoftbankから締め日を確認して、余裕を持った日時で乗り換える日を決めます

MNP予約番号を取得する

次にソフトバンクでMNP予約番号を取得します。

ソフトバンクのMNP予約番号はショップか電話どちらかから申し込むことができます。
ショップで手続きする場合は販売員さんにMNP予約番号をください。と伝えます。

この場合本人確認書類、運転免許証やパスポート、保険証などを持って、もちろんスマホ端末も持って行ってください。

電話で行う場合は

お問い合わせ窓口に*5533
一般電話から080-0100-5533

に電話をかけて電話が繋がったらガイダンスに従って1を押します。
そしてオペレーターが対応しますので、乗り換えたいという旨を伝えます。

受付時間は朝9時から夜18時になっています。
なおMySoftbankなどオンラインページからMNP予約を行うことはできません

ワイモバイルに申し込む

MNP予約番号を取得したらできるだけ早くワイモバイルに申し込みを行ってください。できれば3~4日以内に申し込みを行ってください。

申し込みの方法はこちらのページで詳しく解説していますので、参考にしてみてください。

参考:ワイモバイルの申し込み方法

ワイモバイルに申し込むとなるべく早いSIMカードやスマホは発送されます。Yモバイルの場合なるべく早く端末を届けるために、加入審査をする前に本体を発送します。そして電話番号の自動切り替えを持って加入審査が完了することになります。

電話番号の切り替えを待つ

Yモバイルでは電話番号の切り替え手続きは不要です。端末が届いた翌日の9時から自動的に電話番号が切り替わりますので、それを待ちます。

以前のスマホが使えなくなったら切り替え手続きが完了していますので、新しいスマホにSIMカードを挿してください。

スマホ本体の設定をする

切り替え手続きが完了したらSIMカードを挿してスマホ本体の設定を行います。APN設定と言われているものです。APN設定方法についてはこちらのページで詳しく解説していますので、参考にしてみてください。

参考:Android/iPhone版APNの設定方法

MNP乗り換え解約のまとめ

  • 電話番号を引き継ぎたい場合はMNPする
  • MNPしたい場合は解約しないように注意
  • MNPをすると自動的に解約になる
  • 不通期間はほぼゼロ
  • 番号の切り替えは自動で行われる