ソフトバンクからワイモバイルに乗り換えるとき、MNP乗り換えや解約するタイミングはいつが最適なのか、違約金がかからないタイミングはいつなのか、解約した月の料金について解説します

たぬ吉たぬ吉

ソフトバンクでXperiaを契約しているんだけど、あともう少しで2年目になるんだ。料金が高いからワイモバイルに乗り換えようと思うんだけど、解約金がかからないのはいつなの?


シム姉さんシム姉さん

そうですね。ソフトバンクには2年縛りがあるので、違約金がかからないためには更新月にMNPした方がいいですね。料金や最適なタイミングを解説していきますね。

最適なタイミングは26ヶ月目

ソフトバンクからワイモバイルに乗り換える最適なタイミングはSoftbankの契約から26ヶ月目です。それには理由が二つあります。

一つ目は違約金、二つ目は機種代の分割払いです。

まずSoftbankでは2年縛りで契約していて契約から25ヶ月目と26ヶ月目(以降2年ごと)でないと違約金がかかってしまいます。

もう一つが機種代の分割払いです。ソフトバンクでは月月割で機種代が数百円で購入することができるようになっていますが、途中で解約してしまうと月月割が適用外になってしまい、機種代を全部自分で支払わないといけなくなってしまいます。

一方26ヶ月目以降になってしまうとまた無料でできるのは2年後になってしまい、27ヶ月目から48ヶ月目に解約すると9,500円の違約金がかかってしまいます。

たぬ吉たぬ吉

そうか、ソフトバンクから乗り換えたい場合、26ヶ月目に取り替えることで違約金を無料にできて、機種代の分割払いも終了しているんだね。

ソフトバンクの月額料金体系


出典:ドコモ イメージはドコモです。

まずソフトバンクの月額料金がどうなっているのか知っておく必要があります。

ソフトバンクでは一般的な契約の場合、2年ごとに契約が自動更新される2年縛りで契約しています。そのため2年ごとでないと解約・MNPする時に違約金9,500円がかかります。

※いつ解約しても違約金がかからない【フリープラン】というコースもありますが、その場合はいつでも解約金なしで解約できます。

契約満了月と契約更新月は異なる

契約更新月と契約満了月は実は異なっています。

まず契約満了月はソフトバンクの契約が完了する24ヶ月目の月です。一方、契約更新月は契約満了月の翌月翌々月の2ヶ月間のことで、この期間に解約MNPすると違約金がかかりません。

つまり契約1ヶ月目から24ヶ月目で契約満了月になり、25ヶ月目と26ヶ月目で契約更新月となり、無料で乗り換えることができます。

例えば2017年2月に契約した場合、契約満了月は2019年1月、契約更新月は2019年1月と2月です。2年縛りがある場合この25ヶ月目と26ヶ月目、それ以降2年ごとにしか無料で解約できません。

たぬ吉たぬ吉

なるほど、契約から24ヶ月目の満了月ではなくて、契約更新月の25ヶ月目と26ヶ月目が違約金なしで乗り換えることができるタイミングなんだね。でも満了月更新月というのはどうやって確認したらいいの?


シム姉さんシム姉さん

それでは契約更新月や満了月を調べる方法を解説しますね。

契約更新月を確認する方法

電話で確認する

契約更新月は電話で確認できます。
ソフトバンクのスマートフォンから確認する場合は157番にソフトバンク以外の回線からかける場合は0800-919-0157に問い合わせることで確認することができます。

MySoftbankから確認する

もう一つがマイソフトバンクから確認する方法です。ソフトバンクのオンラインページであるマイソフトバンクにログインして、【基本料】の欄に【更新期間】という項目があります。ここで確認できます。

ここに更新期間の表示がない場合、フリープラン(契約縛りがない)プランです。

月月割の仕組みと料金


出典:ソフトバンク

解約金9,500円はスマホの契約にかかる違約金のことです。
乗り換える場合はそれ以外にスマホの分割払いにも注意する必要があります。

ソフトバンクでは月月割というサービスがあり、スマホを分割で購入する場合機種代を大幅に安くしてくれます。この月月割はSoftbankの契約をしてから2ヶ月目から25ヶ月目まで適用になり機種代が大幅に割り引かれます。

スマホを途中で解約してしまうとこの「月月割」も解約になってしまい、機種代の割引がなくなってしまいます。そうすると残りの端末代を満額支払わないといけなくなります。

例えばiPhone 6sの場合本来の月額料金は2,590円です。しかし月月割で2,140円割引となるため、自分で実際に負担するのは450円です。途中で解約してしまうとこの2,140円の料金が残りの満額がかかってしまいます。

Softbankからワイモバイルに乗り換える最適なタイミング

ここまででSoftbankのスマホの料金プランと機種代の分割払い、解約金などについてみてきました。

これを全て計算すると、まずスマホ料金プランの解約金がかからないのが25ヶ月目と26ヶ月目です。そして機種代の分割払いが終わるのが25ヶ月目です。そのため26ヶ月目が乗り換えや解約に最適なタイミングだといえます。

もし23ヶ月目で解約してしまうと解約金9,500円がかかりますし、24ヶ月目で解約すると解約金、そして機種代の分割払いが必要になります。

例えば7月に乗り換える場合、余裕を持って7月25日ぐらいまでには解約を完了したほうがいいですね。MNPする場合はもう少し時間が必要で、7月10日ぐらいにMNP予約番号とって番号を入手したら2日以内にワイモバイルに申し込み、7月25日ぐらいまでには乗り換えを完了させておく必要があります。

ワイモバイルではMNP残り日数が13日ないと乗り換えられないとなっています。そのためMNP予約番号を取得したらすぐに申し込んだ方がいいですね。

たぬ吉たぬ吉

そうか、26ヶ月目だと更新月なので解約金がかからないし、機種代の分割払いも終わっているので最低限の手数料で乗り換えることができるんだね。

1年目以内(19ヶ月目)に解約すると

2年以内に解約すると違約金9,500円そして機種代の分割払いの残債がかかります。

例えばiPhone7を19ヶ月目で解約した場合、

  • 解約金9,500円
  • 機種代分割払い3,660円×6ヶ月=21,960円

がかかります。

2年目以降(29ヶ月目)に解約すると

26ヶ月目のタイミングを逃すと、さらに2年後まで自動的に契約が更新されてしまいます。

そのため

  • 9,500円の解約金

がかかります。端末の分割払いは終わっているためスマホ代などはかかりません。

いつが乗り換え日になるのか

MNPで乗り換えた場合、YモバイルのSIMカードが使えるようになった日が乗り換え日です。そしてソフトバンクとの契約を終了した日になります。

MNPで乗り換えた場合、SIMカードの切り替え手続きが完了した時点で自動でSoftbankが解約になります。そのため自分で解約に行く必要はありません。

解約月の支払い料金はいくら

SoftbankMNP乗り換え解約した場合、その月の料金はいくらになるのでしょうか。

ソフトバンクで支払う料金

ソフトバンクで支払う料金は乗り換えた月の満額です。MNP転出した場合、解約した場合、日割り計算を行わないため全額を請求されてしまいます。

ソフトバンクでは締め日が3種類あり、月末締めと11日締め、21日締めの三つがあります。そのためご自身の締め日に合わせてMNP予約をする必要があります。

ワイモバイルに支払う料金

ワイモバイルでは契約月は日割り計算を行ってくれます。そのため8月15日に乗り換えた場合は8月15日から31日までの料金が日割り計算で請求されます。

乗り換えにかかる費用

26ヶ月目は解約金がかからず機種代の分割払いも終わっていますが、しかし完全に手数料無料というわけではありません。
実際には

  • ソフトバンクのMNP転出料3,000円
  • ワイモバイルの事務手数料3,000円
  • SIMカード発行手数料2,000円

がかかります。

MNP乗り換え方法と解約方法

ソフトバンクからワイモバイルにMNPで乗り換える場合や、解約した後に乗り換えの場合、必要なものや具体的な料金、流れについてはこちらのページで解説していますので、参考にしてみてください。

参考:ソフトバンクからワイモバイルに乗り換える場合の方法と料金