ドコモを解約・MNPしてワイモバイルに乗り換える場合いつが最適なのか、違約金はどれくらいかかるのか、乗り換え月の費用はいくらぐらいかかるのかなどについて解説します

たぬ吉たぬ吉

ドコモでiPhoneを契約しているんだけど、月8,000円もかかってしまうからワイモバイルに乗り換えたい。一番違約金がかからないのはいつなのかな。

シム姉さんシム姉さん

そうですね。ドコモには2年縛りがあるから、なるべく違約金がかからないようにするためには更新月にMNPした方がいいですね。詳しく見ていきましょう。

26ヶ月目が最適


出典:ドコモ

ドコモからワイモバイルへの乗り換えはいつがいいのか、まず最適なのは26ヶ月目です。理由は2つあります。

まずドコモには2年縛りがあり更新月以外に乗り換えたり、解約したりすると違約金9,500円がかかります。更新月は契約から25ヶ月目と26ヶ月目、それ以降2年ごとです。

もう一つは端末補助である月々サポートです。ドコモではスマホを購入した場合月々サポートというサービスを使うことで、端末を大幅に安く購入することができます。

しかしプランを途中で解約してしまうと月々サポートも解除になってしまい、本体を全額自己負担しないといけません。

また、26ヶ月目以降になってしまうと再び2年後まで解約金がかかってしまいます。

たぬ吉たぬ吉

なるほど、ドコモを解約したりMNPする場合は26ヶ月目が解約金の面からもスマホ代の面からも最適なのか。

Docomoの料金体系

まずDocomoの料金体系について知っておく必要があります。

まずドコモで普通に契約している場合は、2年ごとに自動更新されていく2年縛りで契約しています。このプランでは2年ごと以外の時期に解約すると9,500円の解約金がかかります。

※自動更新をしないプランであるフリーコースもありますが、その場合はいつでも解約金なしで解約できますが、通常は2年縛りで契約している方がほとんどです。

更新月と契約満了月は異なる

2年縛りがあるコースで契約している場合、2年間の契約が24ヶ月目に満了し契約満了月を迎えます。この月に定期コースの契約が満期になります。

そしてその翌月、翌々月である25ヶ月目と26ヶ月目が契約更新月になっていて、この更新月の間に解約・MNPをすると解約金がかかりません。

例えば2017年1月に契約した場合、2018年の12月に契約満了月を迎え、2019年1月と2月が契約更新月です。

シム姉さんシム姉さん

2年縛りといわれているのは契約から25ヶ月目と26ヶ月目以外に解約すると解約金がかかってしまうためですね。


たぬ吉たぬ吉

契約満了月24ヶ月目ではなく、その翌月、翌々月である更新月に解約MNPすると違約金がかからないんだね。だけど満了月ってどこで確認できるの?


シム姉さんシム姉さん

それでは契約満了月を調べる方法を紹介しますね。

契約満了月を確認する方法

電話で確認する

契約満了月はドコモの携帯電話から151番にかけて問い合わせる、またはそれ以外の電話番号から問い合わせたい場合は0120-800-000に問い合わせることで確認することができます。

My Docomoから確認する

電話以外にはホームページであるマイドコモから契約満了月を確認することもできます。

My Docomoにログインして、契約内容確認などオンライン手続きの中の「ドコモオンライン手続き」を参照しその中の「ご契約内容の確認変更」の2ページ目の所の「ご契約プラン」という所に「満了月は2019年1月です。」など書いてあります。

月々サポート(端末購入割引)の仕組み


出典:ソフトバンク

違約金9,500円はスマホの契約にかかる料金ですが、もう一つ注意するべき点があります。それが月々サポートという端末購入割引です。

ドコモでは月々サポートに加入することでiPhoneや最新のAndroid端末をかなり安く購入することができるようになっています。

この月々サポートはドコモの契約をして2ヶ月目から25ヶ月目まで24回にわたって端末代を割り引いてくれます。この月々サポートは契約月から適用されるのではなく翌月から始まります。

この月々サポートを12ヶ月以内に解約すると解除料がかかります。端末によって料金は異なりますが、iPhone7を契約している場合30,900円です。

13ヶ月目以降は解約料はかかりません。しかし途中で解約してしまうと端末分割払いが全部自分で負担しないといけなくなってしまい、大きな負担になってしまいます。

例えばiPhone6sの場合端末の分割払いは月額3,600円ですが、月々サポートがあるので3,200円割引になり400円の自己負担で済むようになっています。

25ヶ月以内に解約することでこの月々サポートがなくなってしまいます。

ドコモからワイモバイルに乗り換える最適なタイミング

ここまででドコモのスマホ料金料金プラン端末代についてみてきました。

それを総合的に計算してみると、まずスマホの料金プランの違約金がかからないのは25ヶ月目と26ヶ月目、そして端末分割払いが終了するのが25ヶ月目。そのためその翌月である26ヶ月目が早くに最適なタイミングだといえます。

もし2年ぴったり24ヶ月目で解約すると9,500円の解約金がかかりますし、23ヶ月目などに解約すると端末代の自己負担が増えてしまいます。

例えば4月に乗り換えたい場合は、余裕をもって4月25日ぐらいには解約しておいたほうがいいですね。MNPで番号移行するなら余裕を持って4月10日ぐらいにMNP予約番号を取得して、すぐにワイモバイルに申し込み4月25日ぐらいまでに乗り換えを完了させた方がいいですね。

ワイモバイルではオンラインで申し込む場合MNP予約残り日数は13日以内に申し込まないといけません。

たぬ吉たぬ吉

そうか、26ヶ月目だと契約更新月で違約金も分からないし、端末分割払いもちょうど終わっていてなるべく少ない費用負担で解約することができるんだね。

2年以内(25ヶ月目)に解約すると

2年以内に解約するとスマホ料金プランの違約金9,500円、スマホ端末分割払いの残債(割引がきかない)、12ヶ月以内であれば月々サポート解除料が30,000円程度かかります。

例えばiPhone7を18ヶ月目で解約すると

  • 違約金9,500円
  • 端末分割費用3,429円×7ヶ月=24,003円

がかかります。

27ヶ月(2年目)以降になってしまうと

2年を超えてしまうと契約更新月の2年後までまた自動更新され、違約金がかかる状態になってしまいます。

ただし端末分割払いは終わっていますので、

  • 解約金9,500円

だけで済みます。

いつ乗り換えが成立するのか

MNPで番号を移行して乗り換える場合、いつワイモバイルに乗り換えたことになるのでしょうか。

それはワイモバイルでMNPの番号切り替え手続きが完了した日です。またこの日にドコモとの契約は自動的に解約となり、自分でドコモを解約する手続きをする必要はありません。

解約月の支払い料金はいくら

ドコモを解約する、または乗り換える場合、その月の費用はいくらになるのでしょうか。

ドコモの料金

まずドコモではMNP乗り換え・解約するその月は日割り計算にはなりません。そのため全額の料金が必要です。

ドコモの支払いサイクルは月末締めで1日から月末までの料金を支払うようになっています。そのため4月10日に解約手続きをすると4月文全部支払う必要があります。

Yモバイルの料金

Ymobileの料金は日割り計算が行われます。

例えば4月10日に乗り換えた場合は4月10日から4月30日までの料金が日割りで計算され請求されます。

乗り換えにかかる費用

26ヶ月目に解約すると解約金はかかりませんが、手数料が完全で無料に乗り換えられるわけではありません

  • ドコモのMNP転出料2,000円
  • Yモバイルの事務手数料3,000円
  • SIMカード発行手数料2,000円

はいつ乗り換えてもかかります。

MNP乗り換え方法と解約方法

ワイモバイルへMNPで乗り換える方法、解約してから乗り換える方法や必要なもの、具体的な流れについてはこちらのページで解説していますので、参考にしてみてください。

参考:ドコモからワイモバイルにMNP乗り換え解約する方法と料金と流れ