Ymobileを実際に解約する方法と解約にかかる解約金がいくらになるのか解説します。電話で解約する場合のプッシュボタンの番号なども紹介します

たぬ吉たぬ吉

ワイモバイルからMNP転出する方法や解約する方法を知りたい


シム姉さんシム姉さん

Ymobileを実際に解約する方法と、解約にかかる解約金がいくらになるのか解説します。

なおこのページではMNPでの乗り換えをメインに取り上げていますが、番号引き継がずに解約したい場合は、MNPの項目を飛ばして読んで下さい。

MNP乗り換えと解約の違い

MNPは番号移行、携帯電話番号ポータビリティの略で、携帯電話会社を乗り換える時にそれまで使っていた電話番号を引き継げる手続きです。

MNP手続きをすることで、ワイモバイルで使っていた電話番号を他社で引き続き使うことができます。

一方解約は、電話番号を引き継がずにSIM回線を解約することです。そうすると今まで使っていた電話番号が使えなくなってしまいます。

シム姉さんシム姉さん

ワイモバイルを解約したいと思った場合でも、今までの電話番号を使い続けたいのであれば解約せずに、必ずMNP手続きをするようにしましょう。

MNP乗り換えに必要なもの

  • MNP予約番号
  • 本人確認書類
  • 本人名義のクレジットカードか銀行の口座番号

乗り換え先の格安SIM会社が口座振替に対応している場合は、銀行の口座番号を、クレジットカードのみであればクレジットカード本人名義のものを用意してください。

MNP予約番号はワイモバイルのマイページ電話で取得することができます。

本人確認書類は転出先の会社で提出するもので、運転免許証や日本国パスポート・各種保険証などです。保険証の場合は補助書類として公共料金の支払い明細書や住民票を合わせて提出することが必要になります。

MNPには有効期限があり、15日以内に完了しないと無効になってしまいます。そのためMNP予約番号を取得する前に本人確認書類を揃えておいてください。

乗り換えにかかる費用

Yモバイルで支払う料金

  • 2年契約の違約金9,500円(※更新月であればかからない)
  • MNP転出料6ヶ月以内6,480円(7ヶ月目以降3240円)

※端末を購入している場合

  • 機種分割払いの残債(機種による)
  • バリュースタイル(月額割引)の解除料(月数による)

転出先のSIM会社に払う料金
事務手数料 約3,240円

契約解除手数料(違約金)9500円

スマホプランやケータイプランSSなどを2年更新で契約している場合、更新月以外では9,500円の解除手数料(違約金)がかかります。

MNP転出料

電話番号を移行するMNP転出の場合、契約した月によって6,480円/3,240円の料金がかかります。

機種分割払いの残金

端末分割払いをしている場合、解約後も継続して分割払いするか、一括払いする必要があります。

バリュースタイル契約(月額割引)の解除料

ワイモバイルの端末購入割引はバリュースタイルといいます。
これを24ヶ月以内に解約すると契約した月数に応じて契約解除料がかかります。

これは加入月が満額でそれ以降1か月ずつ、契約解除手数料が低くなっていきます。加入月が一番高く最大37037円、25ヶ月目にゼロ円となります。

支払う額は4パターンあります。このようなようになっています。

  • パターンA
  • パターンB
  • パターンC
  • パターンD

の4種類があります。


それは購入した端末によって定められています。ご自身のパターンはどれかチェックしてみてください。

たぬ吉たぬ吉

端末を購入している場合、機種代の残りを支払うのは分かるけど、分割払契約(バリュースタイル)の違約金もかかるの?

シム姉さんシム姉さん

そうですね。
端末代残り+分割払契約の違約金
です。

ですのでワイモバイルで端末を購入するのであれば、できるだけ24ヶ月以内に解約しないようにしましょう。

つまりYモバイルからのMNP転出3000円~、契約更新月でない場合9500円の解約金、端末購入している場合は分割払いの残額支払いと分割払契約の解約金が必要です。

解約月の支払いはいくら?

ワイモバイルは日割りにならない

ワイモバイルでの支払いは日割り計算にはならず、その次の分が全額請求されます。

例えば4月8日に解約したとしても、4月1日から4月30日分の料金がかかります。

転出先は日割りになることが多い

乗り換え先がどこがはっきりしていないため断言はできませんが、概ね加入月は日割り計算されることが多いです。

例えば4月16日にMNP転入が完了したら、4月16日から4月30日までの料金を払うことになります。ちなみに使えるギガ数(データ容量)も日割りで減らされることが多いです。

解約する前にしておくべきこと

SIMロックの解除の準備

ワイモバイルで使っている端末を他の格安SIM会社で使う場合、SIMロックの解除が必要になります。

ワイモバイルの端末はソフトバンクの周波数(バンド)に対応しているのでSIMロックの解除しても、必ずしも他の格安SIMで使えるわけではありません。(それは他の格安SIMはほとんどドコモ回線でドコモの周波数にしか対応していないからです。)

それでもSIMロックの解除は無料ですので、しておいて損はありません

YモバイルのSIMロックの解除方法

ワイモバイルでシムロックの解除をする場合、方法が他の携帯電話会社と異なります。

通常SIMロックの解除は、契約中にできるのですが、Ymobileの場合、他の携帯電話会社のSIMカードを契約してからでないと解除できません。さらにSIMロックの解除に「解除コード」が必要で、これは解約前に取得しておかなければなりません。

たぬ吉たぬ吉

えっ?どういうこと?


シム姉さんシム姉さん

このような流れになります。

  1. 解約前に会員ページから「シムロック解除コード」を取得する
  2. ワイモバイルを解約・MNPする
  3. 他の携帯電話会社に申し込む
  4. 新しいSIMカードが届く
  5. SIMロックを解除したい端末に新しいSIMカードを挿す
  6. 画面上に解除コードを入力してSIMロックを解除

解除コードを入手するのは、ワイモバイル解約前、でも実際の解除操作は乗り換え後となるのです。

SIMロックが解除できる条件

  • 2015年5月以降に発売された端末
  • 購入から101日以上経ったもの
  • 一括払いで購入した場合100日以内でもし可
  • 解約後の解除は解約後90日以内であること
  • 端末が故障したり水濡れしていないこと
  • ネットワーク利用制限にかかっていないもの
  • 月額費用などを滞納していないこと

これらの条件をクリアすればSIMロックの解除が可能です。
※SIMロックの解除を忘れてワイモバイルを解約してしまった場合は、店頭でのみ解除手続きができます。(手数料3,240円)

具体的なSIMロック解除の方法については、こちらのページで解説しています。

MNP転出の場合のタイミング

なるべく解約金をかけないためには、契約更新月にMNPした方がいいですね。

契約更新月は契約から25ヶ月目から26ヶ月目です。

※例えば2017年1月にワイモバイルを契約すると、2019年1月に契約満了月を迎え、2019年2月と3月が契約更新月となり、乗り換えのチャンスです。

MNP転出のタイミングについてはこちらのページで詳しく解説しています。

ワイモバイルを解約する場合のタイミング

ワイモバイルMNP転出ではなく解約する場合は、やはりMNP転出と同じく、契約更新月の2ヶ月間のうちに解約したほうが、違約金9,500円がかからなくて済みます

※例えば2017年1月にワイモバイルを契約すると、2019年1月に契約満了月を迎え、2019年2月と3月が契約更新月となり、解約のチャンスです。

Yモバイルの解約方法

店舗で解約する

店舗で解約する場合

  • 運転免許証などの本人確認書類
  • 印鑑
  • 利用中の端末とSIMカード

が必要になります。

電話で解約する

電話で解約する場合はワイモバイルの電話からであれば116番、それ以外の電話機の場合0120-921-156に電話をかけます。音声ガイダンスが自動で始まりますので、プッシュボタンを操作します。

解約する場合は「各種お手続きに関するお問い合わせ」2番です。その後「ご解約」の2番を押します。電話で解約する場合はオペレーターに繋がる必要があるため、9時から20時に電話をかけるようにしてください。

116番とは-各種お手続き(通話料無料)自動音声応答にて24時間受付
151番とは-総合窓口(通話料有料)9:00~20:00

オンライン上からの解約

実はマイワイモバイルには解約手続きをするという項目があるのですが、表示されていても契約者によっては解約ボタンが押せなくなっています。

解約ボタンが表示されていれば解約できますが、電話に回されてしまうこともあります。その場合は電話をかけるか店舗に出向いてください。

ワイモバイルから電話でMNP転出する流れ

  1. 乗り換える日程を決める
  2. MNP予約番号を取得する
  3. 乗り換えたいMNP予約番号を取得する
  4. 乗り換えたい格安SIM会社に申し込む
  5. 加入審査本人確認が行われる
  6. SIMカードや端末が発送される
  7. 自宅に到着する
  8. 電話番号の切り替え手続きを行う
  9. スマホ本体の設定をする

乗り換え日を決める
先ほど紹介した方法で乗り換え日を余裕をもって決めます。

MNP予約番号を取得する
MNP予約番号は電話で手続きをすることができます。

ワイモバイルの携帯電話から116番にその他の電話から0120-921-156に電話をかけます。

契約している電話番号と暗証番号を用意し、音声ガイダンスをプッシュボタンで操作、「各種お手続きに関するお問い合わせ」2番、その「ご解約」の2番を押します。さらにMNPしたい端末が今使っている端末なら#を押し、さらMNP手続きの3番と1番を押します。

つまりプッシュボタンの操作は22#31です。

その後オペレーターにつながりますので、MNP乗り換えをしたいと伝えます。

116番とは-各種お手続き(通話料無料)自動音声応答にて24時間受付
151番とは-総合窓口(通話料有料)9:00~20:00

オペレーターからは

  • 名前
  • 電話番号
  • どこに転出するのか
  • 使っている端末は中古か新品か
  • 使っている端末はAndroidかiPhoneか
  • 乗り換える理由は

といったことを聞かれますが、淡々と回答していけば大丈夫です。予約を受け付けた後、MNP転出料、契約解除手数料などはいくらかかるか合計金額を教えてくれます。

およそ10分から15分程度の通話時間になります。

その後SMSでMNP予約番号が送られてきます。メッセージを確認してください。

なおMNP転出を行う場合オペレーターにつなげてもらう必要があるため、朝9時から夜20時の間に電話をかけるようにしてください。年中無休です。

※オンライン上から手続きする場合
マイワイモバイルからMNP予約番号を取得することができます。受付時間は9時から21時30分まで。ただしMNP予約番号取得しようと思っても申し込みができない場合があります。

その場合は店舗に出向くか、カスタマーセンターに電話をしてください。

乗り換えたい格安SIMに申し込む
MNP予約番号を取得したらできるだけ急いで、乗り換えたい携帯電話会社に申し込みます。MNP予約番号有効期限が切れないように注意しましょう。

その後は乗り換えたい携帯電話会社に申し込み、SIMカードや端末が発送され電話番号の切り替えを行ったり本体の設定をしたりします。

解約MNP転出した月の支払いはいつになる

ワイモバイルを解約・MNP転出した月の支払いは、支払い方法によります
口座振替の場合、解約の翌月26日に引き落としされます。クレジットカードの場合は、カード会社の指定した決済日です。

参考までにYahooカードでは、12月20日ごろ解約したところ、12月31日に請求されていました。

ワイモバイルのMNP転出・解約のまとめ

  • 電話番号を引き継ぐ場合はMNP転出手続きをする
  • 誤って解約してしまうと電話番号の復旧は不可能
  • MNP転出すると自動的に解約となる
  • MNP転出・解約はオンライン・電話・ショップで
  • 解約金は契約解除手数料・端末の分割払い残金・MNP転出料
  • 端末を月額割引で購入した場合はバリュースタイル契約解除手数料も
  • SIMロックの解除時はMyYmobileから解除コードの取得が必要