ワイモバイルの持ち込み端末の「故障安心パックライト」とは?

このページではワイモバイルの「SIMのみ契約」をしている方向けの端末補償サービス「故障安心パックライト」について解説します。

特に断りがない場合は税込み表示になっています。

スポンサーリンク

故障安心パックライトとは

故障安心パックライト

故障安心パックライトはワイモバイルが提供している、SIMのみ契約している方向けのスマホの保証サービスです。シンプルS/M/L、スマホベーシックプラン、スマホプランの契約者が対象になります。

故障安心パックライトとは持ち込み端末保証してくれるものですが、今使っている端末を修理してくれるものではありません。ワイモバイルが用意している端末に低価格で取り替えることができるというサービスです。

他の格安SIMと違って同じ機種に取り替えたり、修理したりするサービスではなく、低価格でスマホを購入できるサービスと考えましょう。

申し込み方法と期限は

故障安心パックライトは、SIM回線を申し込むときのみ申し込みできます。
公式サイトのSIM申し込みページの赤で囲っているところにチェックを入れてください。

故障安心パックライト

店頭で申し込む場合は、販売員に申し出てください。

加入可能期間は、店頭の場合SIMカードの契約時のみ、オンラインでは14日間以内となっています。

月額料金や取り替え時の自己負担は

故障安心パックライトの月額費用は550円です。年間に直すと1年間6600円となります。

自己負担額は機種によってまた期間によっても異なります。機種と期間についてはこちらの表を参考にしてください。

指定機種 6ヶ月以内 7ヶ月以降
Libero 5G , Android One S8 , AQUOS sense4 basic , OPPO Reno3 A , Android One X4 , Android One S7 , Android One S6 , Libero S10 , Android One S5 , Android One S3, HUAWEI P20 lite, HUAWEI P30 lite 13,750円 8,250円
かんたんスマホ2 , かんたんスマホ 15,580円 10,080円
Xperia 8 19,900円 14,400円
OPPO Reno5 A 23,500円 18,000円
Xperia 10 II 30,699円 25,199円
Xperia10 III , Android One X5 37,900円 32,400円
iPhone 6s(32GB) 18,460円 12,960円
iPhone 6s(128GB) 28,900円 23,400円
iPhone 7(32GB) 20,620円 15,120円
iPhone 7(128GB) 34,300円 28,800円
iPhone SE(第2世代)(64GB) 41,500円 36,000円
iPhone SE(第2世代)(128GB) 47,980円 42,480円
iPhone 12 mini(64GB) 80,380円 74,880円
iPhone 12 mini(128GB) 86,860円 81,360円
iPhone 12(64GB) 94,780円 89,280円
iPhone 12(128GB) , iPhone 12 mini(256GB) 100,540円 95,040円
iPhone 12(256GB) 114,940円 109,440円

※取り替え費用は2021年7月時点での価格です。申し込む場合は必ず公式サイトで最新情報をご確認ください。

例えば加入から8ヶ月目に自分のスマホが壊れてしまった場合、OPPO Reno5 Aに取り替えたい場合「18,000円」の費用を支払うことになります。(オプション費用が月額550円なので、合計金額は550円×8ヶ月+18,000円=22,400円です。)

保証サービスの受け方

スマホが壊れてしまった場合ワイモバイルの店頭に行きます。そして保証オプションに加入しているということと壊れてしまったということを伝え、新しい機種を割安で購入することができます。

店頭では壊れたスマホを回収はしません。もちろん修理もしません。壊れたスマホは自分でそのまま持っておき、新しいスマホを低価格で購入することになります。

ワイモバイルのショップによって在庫のあるスマホの端末が異なっています。在庫のあるスマホから選びます。スマホの料金は先ほど紹介した表の通りです。

故障安心パックライトに入るべきか

故障安心パックライトに入るべきかは状況によります。

  • これまで何度かスマホを壊してしまったことがある
  • 指定機種の中に使いたいスマホがある

という方は入ってもよいと思います。

ワイモバイルの場合、今使っているスマホを同じ機種で取り替えることはできないので、指定機種の中に自分が使いたいスマホがない場合は加入しても意味がありません。

またそもそもあまりスマホを壊さないという方には、月額費用と指定機種を購入する代金が年間最低合計14,850円以上かかりますので、加入してしまうと費用負担が高くなり損になってしまいます。

ワイモバイルの故障安心パックライトのまとめ

ここまでワイモバイルのSIM回線だけを契約している方向けの端末保証サービス、安心故障安心パックライトについてみてきました。

要点をまとめます。

  • 今使っているスマホを修理交換するサービスではない
  • 指定機種価格を低価格で購入できるサービス
  • 壊れたスマホ端末の回収はしない
  • 端末と期間によって自己負担額が異なっている

一番のポイントは指定機種の中に自分の欲しい端末が含まれているか、そして壊れる確率がどのくらい高いかとなるでしょう。

せっかく格安SIMに乗り換えて月額費を節約しようと考えているのですから、できるだけ壊さずに長く使い続けたほうがよいですよね。

ただ、今のスマホが古くてそろそろ買い換え時期という場合なら、逆にメリット(お得)になるかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました