今のスマホを使っている電話番号そのままで、ワイモバイルに乗り換えたい方向けのページです。

※特に断りがない場合は税込み表示しています。

電話番号はそのまま乗り換えられる

MNP
これまでずっと使い続けてきた電話番号が乗り換えで変わると困ります。そのままワイモバイルでも使いたいですよね。ドコモやau、ソフトバンクを乗り換えてきた時は電話番号を引き継ぐことができたと思いますが、もちろんワイモバイルでも電話番号の引き継ぎが可能です。

電話番号を引き継ぐ仕組みをMNPといいます。MNPを使えばドコモやau、ソフトバンクだけでなく、ワイモバイルや格安SIMの間でも電話番号をそのまま利用することができます。

MNP(電話番号そのまま)は簡単

MNP

MNP(携帯番号ポータビリティー)の手続きはとても簡単です。これまで使っていた携帯電話会社からMNP予約番号という番号を発行してもらい、それをワイモバイルの申込時に記入すればよいだけです。

これで前の携帯電話会社からワイモバイルに電話番号の引き継ぎ処理が行われ、電話番号を書き込んだSIMや購入したスマホが自宅に配送されます。

分かりやすい説明と簡単な流れ

MNPにはざっくりこのような流れで進められます。

  1. MNP予約番号を取得する
  2. SIMカード/スマホセットを購入する
  3. 審査を行い発送手続きに入る
  4. 自宅にスマホ/SIMカードが到着する
  5. 自分の都合の良い時間に、開通センターに電話をする
  6. 前のSIMカードが使えなくなったら新しいSIMを差し込む
  7. APN設定をする

まず前の携帯電話会社でMNP予約番号を発行してもらいます。マイページから申し込みができる場合が多いです。この時誤って解約しないように気をつけましょう。解約すると電話番号を引き継げなくなってしまいます。

次にワイモバイルでSIMのみかスマホセットを購入して、申込時に乗り換え(MNP)するを選び、先ほどの予約番号を入力します。その後電話番号の引き継ぎ処理や加入審査を行った後、発送されます。

MNP開通

自宅にSIMカードが届いたら、古いSIMカードから新しいSIMカードに切り替える必要があります。ワイモバイルでは10:00~19:00の間の自分の好きな時間を選ぶことができるので、都合の良い時間にMNP開通センターに電話をします。電話は自動音声でプッシュボタンで操作します。

電話を切ったらそれから10分~長くて1時間程度で前のSIMカードが使えなくなります。そうしたら古いSIMカードを取り出して、ワイモバイルのSIMをスマホに差し込んでください。

MNP

SIMを差し込んだだけでは使うことができません。APN設定という簡単な設定を行う必要があります。これはスマホの設定画面から簡単に行えます。またワイモバイルでスマホセットで購入したものは、あらかじめAPN設定済みなので、SIMカードを差し込むだけで使うことができます。

スマホは使えるものと使えないものがある

次はスマホ本体ですが、ワイモバイルでそのまま使えるものと買い直しが必要なものがあります。

ではどの機種なら使えるか、ですがワイモバイルが動作確認済み端末のリストを公開しているので、お使いの端末が合致しているかチェックしてみましょう。以下のリンクからも見ることができます。ざっくりですが、古い端末は使えないものが多く、最近のものは使える割合が高いです。

〇なら買い換えがいらない?

ここでひとつ注意が必要なのですが、リストで〇になっていても、快適に使えるかどうかは分からないということです。ワイモバイルはソフトバンクの電波を使っているのですが、ドコモやauの端末だと、ワイモバイルの電波に一部非対応になっています。そうすると都市ではつながるけれど、田舎にいくと繋がりが悪くなるといったことが起こります。

もし電波のことがよく分からないという場合は、動作確認済みリストで〇になっていても、ワイモバイルの端末を買い直した方が確実です。またSIMフリー端末とワイモバイル以外の端末は全てSIMロックの解除が必要です。まだ以前の携帯電話会社の契約があるうちに、SIMロック解除手続きを済ませておいてください。

×ならスマホセットを買おう

動作確認済みリストで×だったり、そもそも一覧に載っていなかったという場合は、ワイモバイルでの買い直しが必要になります。また電波のことをご存じでしたら、自分でSIMフリー端末を調達しても問題ありません。

ワイモバイルなら990円~使えてお得

料金プラン

ここまで少し難しいと思う箇所があったかもしれません。乗り換えるよりそのまま使い続ける方が面倒がありません。しかしワイモバイルなら一人目2,178円~、二人目990円~からお得にスマホを使うことができます。

これまで5,000円を超える高い月額費用がかかっていたことを考えると、がんばって乗り換えようという気持ちにもなります。一ヶ月ではそれほど大きな差に見えなくても、月3,000円安くなれば年間36,000円節約できることになるので、ぜひがんばってみてほしいと思います。